販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

新宿駅前に巨大マシーン登場!「FRISK gum」のサンプリングイベント

クラシエフーズ

015_01.jpg

会場には多くの人が訪れ、フリスクガムマシーンを眺めていた。フリスクケースを投入し、フリスクガムに変化する間の映像による演出で体験者を楽しませた。

クラシエフーズは3月1日に、「FRISK gum<フリスク ガム>」の発売を告知するサンプリングイベントをJR新宿駅東口前新宿ステーションスクエアで実施した。

同製品は2月17日からコンビニエンスストアと駅売店で先行発売し、3月10日に全国一斉発売している。

このサンプリングイベントは、JR新宿駅東口周辺で配布された空のフリスクケースを会場へ持っていき、巨大フリスクガムマシーンに投入すると先着1000名限定でフリスクガムがもらえるという施策。

全長4.5メートルのガムマシーンには55型モニター8面が内蔵され、新進気鋭の4組のクリエイターが「フリスクのイメージは残しつつ、タブレットがガムに変化するイメージを消費者に伝える」というテーマで作成した映像がランダムに流された。

また公式フェイスブックページへアクセスすると入手できるクーポン画面を会場で提示すると、もう一つフリスクガムをもらえる特典も設けた。

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する