販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

あの梅酒トップシェア企業が、SPパートナーに求める条件

チョーヤ梅酒

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    チョーヤ梅酒

    [今期のプロモーション予算] 横ばい→ ----円(非公開)
    「消費者に提案・啓蒙・還元」できるプロモーション施策に重点的に投入予定。

梅酒の国内トップシェアを誇るチョーヤ梅酒では、プロモーション活動としてテレビCMを中心に展開しており、最近では「酸味料を使っていない梅酒を飲みませんか?」というコピーの新聞広告が話題となった。

同社の店頭プロモーションに10年以上携わってきた浅野氏は、プロモーションパートナー企業に求める条件として、店頭に落とし込まれた企画の提案を挙げている。その理由は、すべての販促施策の効果測定において売り上げ数値を見ているためだ。また、各流通の事情に適合したオリジナル企画の需要も高まっていることから、店頭への理解は必須条件として求められる。

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

あの梅酒トップシェア企業が、SPパートナーに求める条件(この記事です)
「レヴール」「メルサボン」をヒットさせた企業がSP会社に求める条件
牛乳石鹸共進社、SP会社に求めるのは「CM無しでも店頭で足を止めさせる販促力」
人気つけまつげブランドの販促担当者、SP会社に求めるのは「店頭対応力」
販促担当者の本音、SP会社に求めるのは「第三者目線」-シャボン玉石けん編

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する