販売促進の専門メディア

トップはアイデア販促マン

目指すは価値組(勝ち組)!チムニーが推し進める六次産業化

チムニー 代表取締役社長 和泉 學

企業が売り上げを高め、顧客を拡大――その過程にはいつでも販売の現場を大切にする社長の知恵が生きている。本連載では、販売の現場から次々とユニークなプロモーションを生みだす成長企業の経営陣を紹介。その販促の考え方を取り組み方とともに紹介する。
取材・文 上妻英夫(KIプレス)/経済ジャーナリスト メルマガ「いま、売れる方法はこれだ!『上妻英夫の販促大学』」

「お客さまに価値を提供することで勝ち組になる」と話す、代表取締役社長の和泉學氏。写真を撮影した本社併設の「花の舞 両国国技館前店」は600席の大型店舗で、実物大の土俵がある。

魚の可能性を追求し、日本一の水産居酒屋を目指す

外食業界の動きは非常に激しい。いまやコンビニ業界のひとり勝ちと言われる中で、ファストフードなど外食企業の競争はますます激化しているのだ。居酒屋業界も一進一退が続き、過当競争の状態が続いている。そうした中で成長を続けている居酒屋チェーンが、独自の経営で着実な事業展開を行っているチムニー(本社・東京都墨田区)である。

2013年12月12日、東証2部上場の居酒屋大手、チムニーの筆頭株主が米投資ファンドのカーライル・グループから酒類販売のやまやに代わった。これにより、酒販店と居酒屋の相乗効果が期待されている。同社は、居酒屋業界の全体が厳しい中で、新業態の出店など着実に業績を伸ばしている。2014年は同社設立30周年の節目にもあたるため、この1年間で新規出店40店、改装・修繕も含めた業態転換50店を目標に掲げている。

あと88%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

トップはアイデア販促マン の記事一覧

目指すは価値組(勝ち組)!チムニーが推し進める六次産業化(この記事です)
お年玉で再来店を促す「コッペパンの元祖」マルジュー
「7つの習慣」教育プログラムを全国の学校・学習塾に。導入のカギは「体験授業」と「視察会」
老舗旅館がIT駆使して40%直販集客、海外向けの「おもてなし」も
ハーブ・アロマテラピーは成長市場--専門企業「生活の木」の店頭販促力
健康ビジネスの急成長企業トップが唱える「ヒト軸経営」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する