販売促進の専門メディア

販促NOW OOH編

検証!あのOOHを東京で実施するには?「リバースグラフィティ広告」編

大竹一史(OOHフリーコーディネーター)

055_01.jpg
055_02.jpg

世界のアイデアあふれるOOH事例について、それを第三者広告目的として東京の主要商業地区で実施可能なのか検証。今回は、「リバースグラフィティ(汚れを落とし、デザインを製作)広告」について検証する。この場合、掲出可能ではあるが、サイズ、地盤面よりの高さなどの項目を遵守しなければならない。また、私有地で表示する際は所有者からの承諾が必要だが、ストリートアートのように高架下の壁面や歩道のような公有地および公道へ表示することはできない。また原則、絵画やイラストといった芸術作品、アートも屋外広告物の対象である。

実施の可否及びその理由

(東京都屋外広告物条例)

●実施可能
ただし、サイズ、地盤面よりの高さなどの項目を遵守。

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW OOH編 の記事一覧

検証!あのOOHを東京で実施するには?「リバースグラフィティ広告」編(この記事です)
影を利用したオシャレな広告、東京で実施するには?
検証!あのOOHを東京で実施するには?「バルーン広告」編
検証!あのOOHを東京で実施するには?「商業地区内における学校周辺の広告」編
検証!あのOOHを東京で実施するには?「高速道路沿いの掲出」編
検証!あのOOHを東京で実施するには?「上屋のあるバス停の広告」編

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する