販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

喪黒福造が「ドーン!」とセキュリティの甘さを指摘するPR

パナソニック


どこでもドアホン VL-SWD700KL CM「確認せずに」篇

019_01.jpg

ウェブサイトへのアクセス数は、キャンペーン開始後すぐに前年比120%となった。テレビCMとビジュアル連動したチラシ(写真)も展開。

パナソニックは、玄関先のホームセキュリティー商品「家じゅうどこでもドアホン」「ドアモニ」の年末プロモーションとして、「笑ゥせぇるすまん 喪黒福造」を起用したキャンペーンを展開した。

まずウェブサイトにて「ピンポ〜ンにドキッとすることありませんか?」をテーマにしたCMを先行配信。チャイムが鳴り、訪問者を確認することなくドアを開けた女性に「今誰か確認せずに、ドアを開けましたね!」と喪黒が迫る内容だ。サイトでは、自分にぴったりのホームセキュリティーが見つかる診断コーナーやオリジナルグッズが当たるプレゼント企画も用意した。テレビCMは全国主要6地区で放映。ネット通販のほかの購入商品に同梱して、CMビジュアルに連動したチラシ広告も展開した。

あと46%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する