販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

新ビールをつくろう!1万7000人が参加したサッポロのプロジェクト

サッポロビール

017b_01.jpg

完成披露パーティーには100名を招待。当日はラベルデザインを決める投票も行った。新ビールを試飲した人からは「ビールが苦手な女子にもすすめたい味」といった声が寄せられた。

サッポロビールは、ビール愛好家コミュニティー内で意見を出し合いビールを開発するプロジェクト「百人ビール・ラボ」を実施。11月28日、新ビール「百人のキセキ~魅惑の黄金エール~」の完成披露パーティーを行った。2012年~13年春に開催のプロジェクト第1期では、フェイスブック上のみで意見を募ったが、第2期は、さらに多くの人が参加できるよう、特設サイトを設け「選挙」形式を採った。のべ1万7000人が参加し、約1万の投票により味やネーミング、キャッチフレーズを決めていった。「商品開発する楽しみ(コト化)を提供価値に置くことは第1期から変えずに、より多くのファンの参加を促すため、選挙仕立ての企画を採用し、フェイスブックは、告知などで活用しました」と同社デジタルマーケティング室の鈴木雄一氏は振り返る。

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する