販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

訪日外国人をメインターゲットにラオックスの日本流「おもてなし」

ラオックス

018b_01.jpg

「ラオックス 銀座本店」外観。初年度売り上げ目標は30億円。

ラオックスは、本格的な免税ビジネス展開の拠点として、2013年11月28日、東京銀座に「ラオックス 銀座本店」を開店した。

円安、東南アジア向けビザ緩和、東京オリンピック決定を背景に、アジアを中心とした各国から訪れる訪日外国人をメインターゲットにした新しい業態として、商品・サービスの提供を行う。

銀座本店の独自サービスとして15カ国語に対応できるように売り場販売員を起用。また、同社の免税店はこれまで家電製品が中心だったが、高級時計や宝飾品、化粧品や日本の伝統工芸品の品ぞろえの大幅な充実を図った。

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する