販売促進の専門メディア

顧客創造に挑んだ人たち

紅茶で暮らしを豊かに─キリンビバレッジが「午後の紅茶」から目指す革新

キリンビバレッジ 紅茶と暮らし研究所

106_01.jpg

紅茶市場は従来、缶製品が主流だったが、キリンビバレッジが初めてペットボトル入り紅茶「午後の紅茶」を誕生させた。現在、同商品は紅茶カテゴリーにおいて4割以上のシェアを持つ強力ブランドとなっている。同社はさらなるブランド拡大、紅茶文化の普及のために調査・研究を行う専門組織「紅茶と暮らし研究所」を発足し、活動を始めた。この活動はマーケティング担当者とキリンの飲料技術研究所の所員ら8人が担当する。新規事業の専門組織の活動を2回に分けてレポートする。

第1回:紅茶に関するさまざまな調査・研究を行う専門組織

キリンビバレッジ 紅茶と暮らし研究所

紅茶に関するさまざまな調査や研究、情報発信を担当する専門組織として設立(2013 年11月1日)。主な目的は同社が培ってきた知見を生かしながら独自の調査・研究を行い、紅茶の新しい力を引き出し、多くの人に紅茶の魅力を知ってもらうこと。世界の紅茶の文化や歴史を紹介したり、セミナーやシンポジウムなども計画している。

あと85%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客創造に挑んだ人たち の記事一覧

紅茶で暮らしを豊かに─キリンビバレッジが「午後の紅茶」から目指す革新(この記事です)
『ドラゴンボールZ』ヘアワックス、キャラクターの良さを活かした男性用化粧品
「今ならセーラームーンになれる」 即日完売、20代の夢を叶える本格派コスメ
「酒育セミナー」に「KAYOIGURA」...コト消費で日本酒市場の活性化に挑む
日本酒メーカーなのに"カフェ"をオープン?菊水酒造が挑む顧客創造
1億2000万人がターゲットのメガネ、「かければ、わかる。JINS PC」のフレーズで試用を促進

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する