販売促進の専門メディア

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW

映画『永遠の0』プロモーションで、博多駅前に原寸大「零戦」模型展示

『永遠の0』製作委員会「九州零戦展示プロジェクト」

002_08.jpg

11月30日・12月1日の2日間、JR 博多駅前広場に、戦闘機「零戦52型」の原寸大模型が登場。2日間で約2万2700人*がその姿を目にした。

*JR九州調べによる会場の平均交通量から算出。

これは、12月21日公開の映画『永遠の0』のPRを目的に行われた企画で、原寸大模型は同映画の撮影で使用したもの。配給を手掛ける東宝 九州映画営業支社 宣伝グループの杉井多美子氏は「映画に登場する零戦のスケール感や細部へのこだわりを体感してもらうことが、作品への興味喚起につながると考えた。思想的な象徴でもある零戦を展示することについては、社内で議論もあったが、撮影で使用した模型であることを明確にアピールすることで、映画の認知向上と話題喚起につなげました」と振り返る。

そのため、模型展示のインパクトだけで終わらないよう、映画のシーンや登場人物のプロフィールを記載したパネルなどを設置し、モニターで告知映像を放映。

また、零戦と記念写真を撮ってメールで投稿すると、抽選でオリジナルグッズが当たるキャンペーンも実施した。

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW の記事一覧

映画『ウォーキングwith ダイナソー』恐竜を使った全長6.5mのプロモーション
映画『永遠の0』プロモーションで、博多駅前に原寸大「零戦」模型展示(この記事です)
子どもといっしょに遠慮なく楽しめる!横浜で「たまひよ」イベント
渋谷の商業施設を「ハロウィン」でジャック!一夜限定バーに850人来場
雲に絵を描く!ダイキン工業、夢みたいなプロジェクトの舞台裏
ユニクロ×女性誌10誌が表参道をジャック!コラボイベントに9万5000人来場
H&M、キャンペーン告知のため古着340kg分をショーウィンドウに展示
動きに合わせてゲームキャラが動く!「FFXIV」のインタラクティブ広告を5000人が体験
地下鉄車内でファッションショー!大丸梅田店の新作水着を披露
スマホで花火を発射!渋谷スクランブル交差点でデジタル花火大会
レクサスの世界観を伝えるトリックアート、東京・青山に出現
ターゲットは「カフェに行くけど家でコーヒー飲まない」若者、全国でネスレのフローズンメニュー飲み比べ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する