販売促進の専門メディア

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW

渋谷の商業施設を「ハロウィン」でジャック!一夜限定バーに850人来場

SHIBUYA「オトナハロウィン」実行委員会「SHIBUYA『オトナハロウィン』PROJECT」

002_09.jpg

スタッフはジャックランタンや魔女、ゾンビに仮装し、装飾や照明によって会場内をハロウィンの世界観で演出した。

ハロウィンを目前に控えた10月26日、渋谷ヒカリエ9階のヒカリエホールに一夜限定のバー「Entertainment JACKBAR」が登場。タップダンスのステージや、“日本一の巨大カボチャ”を使ったおばけカボチャの展示が行われた。

これは、東急グループを中心とした実行委員会による「SHIBUYA『オトナハロウィン』PROJECT」の一環で、アサヒビールの協賛により開催されたもの。バーでは、同社の「ジャック ダニエル」を使ったカクテルや「アサヒスーパードライ」などを提供し、5時間という短い開催時間内に約850人が来場した。

東急エージェンシー第1クロスメディアプロモーション部の高橋武久氏によると、同イベントのコアターゲットは20代後半~30代の男女。「ハロウィンを“大人向け”という切り口で提案し、“若者の街”から“大人も楽しめる街”へと渋谷のイメージ転換を図った」と狙いを語る。

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW の記事一覧

子どもといっしょに遠慮なく楽しめる!横浜で「たまひよ」イベント
渋谷の商業施設を「ハロウィン」でジャック!一夜限定バーに850人来場(この記事です)
雲に絵を描く!ダイキン工業、夢みたいなプロジェクトの舞台裏
ユニクロ×女性誌10誌が表参道をジャック!コラボイベントに9万5000人来場
H&M、キャンペーン告知のため古着340kg分をショーウィンドウに展示
動きに合わせてゲームキャラが動く!「FFXIV」のインタラクティブ広告を5000人が体験
地下鉄車内でファッションショー!大丸梅田店の新作水着を披露
スマホで花火を発射!渋谷スクランブル交差点でデジタル花火大会
レクサスの世界観を伝えるトリックアート、東京・青山に出現
ターゲットは「カフェに行くけど家でコーヒー飲まない」若者、全国でネスレのフローズンメニュー飲み比べ
新発売のドライヤーを体験できる特設サロン、表参道の人気17店のスタイリストが集結
東京のど真ん中にキャンプ場が出現!
1万6400人が来場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する