販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

戸建住宅購入者、最近我慢した高価な買い物1位は「家電製品」

イエノミカタプロジェクト「住宅購入に関する意識調査」

住宅メーカー9社が住宅購入に関する情報提供などを行うイエノミカタプロジェクトは9月、過去5年以内に戸建て住宅を購入した人への調査結果を発表した。それによると最近我慢した自分のための高価な買い物について、約3割が家電製品と回答。またデフレ世代(30〜34歳)の45%が「子どもがいなくても家を建てた」と答えた。

  • 調査手法:インターネットリサーチ
  • 対象者:全国の過去5年以内に住宅メーカー9社(旭化成ホームズ、住友林業、積水化学工業、大和ハウス工業、トヨタホーム、パナホーム、ミサワホーム、三井ホーム、ヤマダ・エスバイエルホーム)で家を購入した経験のある男女450名
  • 調査期間:2013年6月29日〜30日

DATA1・2
30〜34歳の家購入者 ライフプラン作成率が高い傾向

家を建築するにあたり、デフレ世代(30〜34歳)は71.1%が「ライフプランを作成した」「ざっくり考えた」と回答しており、バブル世代(45〜49歳)に比べ高い傾向が出た。またデフレ世代の「ライフプランを作成した」と回答した人のうち、73.3%が「フィナンシャルプランナーに相談」しており、バブル世代では44.4%だった。

あと42%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

戸建住宅購入者、最近我慢した高価な買い物1位は「家電製品」(この記事です)
60代男性の退職金の使い道、全体の17%を投資運用へ
ケータイ・スマホ・タブレットによる通販利用が急増
価格・ポイント・配送の魅力でオンライン購入

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する