販売促進の専門メディア

マル秘公開 これがプロの企画書だ!

投資効果“13倍”を実現した、「餃子の王将 スマートフォンアプリ」企画提案書

表現 Webプランナー 山崎 亮

    オリエン内容

  • クライアントは、全国に674店舗※を展開する、中華料理チェーン店「餃子の王将」スマートフォンを通じた情報発信で、来店を促したい。
    ※2013年8月31日時点の店舗数。
  • “電子クーポン”に頼らない、来店促進のアイデアが欲しい。
  • 2011年当時、飲食店の公式アプリは5~10程度と、決して多くはない。
    ほかに埋もれず、多くのユーザーにアプローチできる好機を生かしたい。
  • 企画を実現させるためには、アプリがどのように来店促進へつながるのか、 “普段スマートフォンを使わない人”にも伝わるような説明・資料が重要。
155_01.jpg

表現
Web プランナー
山崎 亮氏(やまざき りょう)
京都大学 農学部卒大手ウェブ広告会社への入社を断り、2011年4月に株式会社表現に入社。入社1年目にして「王将アプリ」を手がけ、1カ月で10万ダウンロードを超える大ヒットアプリとなる。

プレゼントーク ⑴

スマートフォンユーザーに、「よし、今から餃子の王将へ行こう」と思わせることが、本プロジェクトのゴールです。そのためには、スマートフォンへどのように情報発信をしていけばよいのか、考えてみましょう。

    ポイント(1)

  • ユーザー目線の言葉で、プロジェクトのゴールを示す。
  • メッセージを強調するため、同ページではほかの要素をそぎ落とす。

プレゼントーク(2)

2015年以降、携帯を持つ人の2人に1人は、スマートフォンを所持しています。また、スマートフォンでウェブサイトやアプリを閲覧する時間は、1日当たり「169分間」。これは、従来の携帯電話の約3倍にあたります。移動中や、ちょっとした空き時間など、日常的に多くの人がスマートフォンと向き合っています。ここに御社の“新しいメディア”をつくり、情報を伝えていきましょう。

    ポイント(2)

  • グラフを用いて、数値データを直感的に理解できるように。

プレゼントーク(3)

スマートフォンに構えることができるメディアは、2種類あります。スマホサイトと、アプリです。我々は「アプリ」の活用を推奨します。その理由を「話題性」「利用頻度」「アプリ独自の機能」の三つの観点から考えます。

    ポイント(3)

  • 実際の端末を見せることも交えて、スマホサイトよりも「アプリ」の方が優れていることを説明する。

プレゼントーク(4)

では、アプリを使って、どのように“来店”までつなげるのか。ユーザーの立場に立って、アプリ取得から来店までの流れを、三つのステップに分けて考えていきましょう。

    ポイント(4)

  • 段階を一つずつクリアすることで、着実にゴールへたどり着くイメージを共有する。

プロの企画書ダウンロードサービスのご案内

※デジタル版のみ購読中の方は購読月の企画書のみ、ダウンロードが可能です
※該当企画書のダウンロード権限は、定期購読のご購入から翌営業日以内に発行いたします

マル秘公開 これがプロの企画書だ!の記事一覧

マル秘公開 これがプロの企画書だ!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する