販売促進の専門メディア

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室

“社内調整”のお悩み解決!「部門によって要望がバラバラ」編

コクヨファニチャー スキルパークシニアトレーナー 下地寛也

販促担当者へのアンケートでは、6割が「社内調整」に課題を感じています。上司、他部署への依頼・交渉をもっとスムーズにしたい! そんな販促担当者のリアルな悩みに対し、社内コミュニケーションを円滑にするヒントをお伝えします。

今月のお悩み

部門によって要望がバラバラで困っています。

店頭ツールを作っていますが部門によって要望がバラバラ。営業は「コンパクトな店頭ツールが良い」、ブランド担当からは「大きくて目立つ店頭ツールが良い」と言われます。どうすればいいでしょうか?

--------メーカー 企画・開発担当

対立状態はより良い案を生み出す肥料

商品を売りたいという目的は同じはずなのに、部門ごとの要望はどうしてこんなに違うのだろうと思ってしまいます。

ただ販促部門に限らず、どの部門にいても他部門からの要望はバラバラになるものだと思っておきましょう。それは、部門に課せられた役割の違いから起こります。営業部は店頭からの信頼を勝ち得るのが第一優先、ブランド部は商品のイメージアップが第一優先、開発部は良い商品を作るのが第一優先、財務部は経費を抑えて利益を増やすことが第一優先と考えているはずです。

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する