販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

広告を撮影するとゲームが始まる!KDDIのCM連動型アプリ

KDDI

19_01.jpg

アプリを立ち上げ、広告を撮影するとゲームが始まる仕組み。現在は、ユーチューブのオフィシャルアカウントにある動画からゲームが開始できる(画像はイメージ)。

KDDI は、「驚きを、常識に。」キャンペーンの第3弾として、テレビCM「au PLAYSCREEN」篇を放映。それに合わせCMの世界観を体験できる専用の無料アプリを公開した。

アプリ「ODOROKI」をダウンロードしたスマートフォン端末で、同キャンペーンのテレビCMや屋外広告、特設サイトなどを撮影すると、アプリが広告ビジュアルを認識。デジタルの世界に閉じ込められたCMの主人公の男女二人を救出するストーリーのパズルゲームを始めることができるというもの。

CMでは、スマートフォンに閉じ込められた主人公が、次々と別のデバイスに移動していく様子を表現しており、アプリはそれと連動したストーリー設計にした。

撮影するシーンにより、男性と女性それぞれが主役となる2種類のストーリーが展開。ゲームをクリアすると物語が進む。また撮影する場所によって主人公のセリフが異なる「ご当地トーク」や、アプリ内のバズルゲームの得点によってラストシーンが異なる「マルチストーリー」も採用し、全432のストーリーパターンを用意。繰り返し楽しめる仕組みを整えた。アプリを使い、同キャンペーンが打ち出す「スクリーンで、遊ぶ、演じる、再生する驚き」を手軽に体験できる試みとなった。


実施期間 2013年8月19日アプリ公開
実施場所・告知メディア (ゲームを開始できる広告の掲載場所)テレビCM、駅貼りポスター、GIZMODO、特設サイト、SNS
目的 テレビCMの世界観を生かした「マルチデバイス体験」の提供

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する