販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

「BBQシート」発売でラグビーの新規ファン開拓に挑戦

ジャパンラグビー トップリーグ

017b_01.jpg

南スタンドからの眺め。BBQシートはラグビー場でバーベキューをしながら試合観戦ができる。

社会人ラグビーの全国リーグ、ジャパンラグビー トップリーグは、2013-2014シーズンの企画チケットとしてバーベキューをしながら観戦できる「BBQシート」を発売。9月28日に開催された第4節、秩父宮ラグビー場南スタンドで実施された。

1グループ10名、バーベキューで使用する器具や食材費、10人分の観戦料込みで価格は6万円、販売数は3セット限定。ラグビー場観客席でのバーベキューは史上初の試みとなった。

リーグ観戦者の集客と新規ファン獲得を主な目的とし、ファン同士の交流や、社内のアクティビティなどの新しい観戦スタイルの創出を狙う。

価格設定や食材の内容は、手ぶらスタイルのバーベキューを提供する企業に相談しながら決定。10名という人数について、リーグを運営する日本ラグビーフットボール協会 事業企画プロモーション部の比嘉智也氏は「観戦者は通常1〜2名、多くても4名程度のグループです。10名というのは難しい数字ですが、新規ファンとなりうる方々の来場も期待して設定しました」と話す。

チケットは8月末時点で完売。今後については、初回の利用者の意見を反映させ修正・改善しリーグ後半での第2回実施を目指すという。

実施期間 2013年9月28日、トップリーグ第4節
目的 集客・新規ファンの開拓。および、新しいスポーツ観戦スタイルの創出
告知メディア 日本ラグビーフットボール協会公式ウェブサイト、および公式ツイッター、フェイスブック

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する