販売促進の専門メディア

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW

H&M、キャンペーン告知のため古着340kg分をショーウィンドウに展示

H&M(へネス・アンド・マウリッツ・ジャパン)

003_01.jpg

同社のヴィジュアルマーチャンダイザーが、実際に回収した古着をディスプレイ。同様の展示企画はドイツ・ハンブルグの店舗でも実施したが、実際の古着を使ったのは日本だけ。

H&Mは8月30日~9月7日、東京・原宿店のショーウィンドウで、約340kgの古着を使った特別展示を実施した。

これは、H&Mが3月から52カ国で展開している古着回収プロジェクトの認知向上を目的に企画されたもの。同プロジェクトは古着を持ち込むとクーポンを進呈する点や、ブランドを問わず受け付ける点などが評価され、開始から半年弱で合計約104トン*の古着が集まっている。

*9月11日時点。

中でも日本は、1店舗あたりの回収量が52カ国中で最も多い。そこで今回、9月7日に原宿~青山エリアで開催された「FASHION'S NIGHT OUT 2013(FNO)」に合わせ、この日に古着を持ち込むと数量限定のエコバッグがもらえるキャンペーンを企画。その1週間前から、ショーウィンドウでアイキャッチの強い展示を行うことで、同キャンペーンの告知と参加促進につなげた。

同社PRコミュニケーションマネージャーの工藤真希氏によると、企画のターゲットはファッションに関心の高い層。「FNOに合わせることで通常時より多くのファッショニスタと接触できると考え、我々の活動を知ってもらうきっかけづくりを目指しました」(同氏)。

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW の記事一覧

H&M、キャンペーン告知のため古着340kg分をショーウィンドウに展示(この記事です)
動きに合わせてゲームキャラが動く!「FFXIV」のインタラクティブ広告を5000人が体験
地下鉄車内でファッションショー!大丸梅田店の新作水着を披露
スマホで花火を発射!渋谷スクランブル交差点でデジタル花火大会
レクサスの世界観を伝えるトリックアート、東京・青山に出現
ターゲットは「カフェに行くけど家でコーヒー飲まない」若者、全国でネスレのフローズンメニュー飲み比べ
新発売のドライヤーを体験できる特設サロン、表参道の人気17店のスタイリストが集結
東京のど真ん中にキャンプ場が出現!
1万6400人が来場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する