販売促進の専門メディア

TOP PROMOTIONSのその後

購入率・売上金額・点数が増加した「Mr.MINTIA」キャンペーン

アサヒフードアンドヘルスケア

160_05.jpg

主要駅で大型交通広告を展開
交通広告では、渋谷・新宿への駅貼りポスター広告や山手線の車体広告を実施。三つのフレーバーを訴求するため、3タイプを連続して掲出しておりインパクトがある。消費者からも「次はどこに掲出するのか?」という問い合わせが多数あたっという。

アサヒフードアンドヘルスケアは、タブレット「MINTIA」のプロモーションとしてサッカー選手本田圭佑さんがMr.MINTIAとして「いかなる時でも持ってる男」を表現したテレビCMや交通広告などを展開。そのほかフットサルをフックとした「店頭×SNS×イベント」も実施。商品の持つ用途訴求と新型ボトル商品の発売を告知した。

    Outline

  • 実施日:2013年3月5日~
  • 目的:商品の持つ用途訴求と新型ボトル商品の発売告知。また"フットサル"をフックとした「店頭×SNS×イベント」の実施。
  • ターゲット:メインターゲットは20代男女、サブターゲットは30代男女。
  • 手法:昨年に引き続き、世界を舞台に活躍するサッカー選手の本田圭佑さんを起用。本田さんが、Mr.MINTIAとして、テレビCMや交通広告などで「いかなる時でも持ってる男」を演じる。6月2日にはフットサル大会を実施。

  • Staff List

  • 広告会社/博報堂
  • 制作会社/ビスポークフィルム
  • 企画/博報堂、螢光TOKYO
  • クリエイティブディレクター/前田康二(螢光TOKYO)
  • アートディレクター/折重慎(DESIGIN BOY)

  • プロモーションの全容は、販促会議6月号の電子ブック18ページで、ご確認いただけます。

<分析の軸と詳細>

160_07.jpg

20代男女の購入量の増加と全体的なキャンペーン効果

昨年に続いて本田圭佑選手を起用。テレビCM、交通広告などで印象的なクリエイティブを展開するとともに、フットサルイベントも実施。こうした施策がメインターゲットである20代男女に響いたかを検証。

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する