販売促進の専門メディア

消費者の発見・気づきを促す、売り場の活性化

流通・小売のラウンダー173人に聞いた「売り場でクロスMD・コラボしやすい企画のポイント」

編集部調査

スーパー、ドラッグストアの売り場でクロス展開を図るうえで、本部商談も大切だが、それをしっかり実施できるかどうかは、売り場担当者への案内・提案が欠かせない。ここでは、日々さまざまな店舗の売り場を回って、担当者と接しているラウンダーに、クロスMDの提案についてアンケートを実施。

通りやすい企画、通りにくい企画の境界線はどこにあるのだろうか?

<調査概要>調査期間:6月 調査対象:スーパー、ドラッグストアのラウンダー173人 調査方法:インターネット 調査協力:マックス

あと85%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

消費者の発見・気づきを促す、売り場の活性化 の記事一覧

「糀」をブームで終わらせない、マルコメは定番売り場をいかに獲得したか
MD研究会の成功に必要なのは共通化と仮説的視点
図解でわかる、POSデータとID-POSデータの違い
メーカーと流通でマスカラ共同開発、低調だったカテゴリ全体の売上もアップ
かおりムシューダ・綾鷹・「パパン」シリーズ...ヒット商品に見る、クロスMD実例
流通・小売のラウンダー173人に聞いた「売り場でクロスMD・コラボしやすい企画のポイント」(この記事です)
POSデータを開示しクロスMD実現、利便性・簡便性を折込広告で訴求
商品ではなく人を見る。ニーズが同じ商品の顧客を互いに紹介

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する