IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

名作コピーの時間

名作コピーの時間

倉光徹治



イメージの話になる。

1999年の夏。地中海。サントリーニ島の崖で集落のシェイプをスケッチブックになぞっていた。白亜の伽藍がらんはそれまでに見たどの白よりも白かった。建築の学生だった。時間のすべてを建築に向けていたが、自分は建築には向いていないかもしれないと気付くのに長い時間は必要なかった。子どもの頃から建築が好きだと思っていた。だが自分が好きなのは建築ではなく、建築家の描くイメージ、記す言葉だったと、あるとき気付いた...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

名作コピーの時間 の記事一覧

名作コピーの時間(この記事です)
「The Last Frontier」(アラスカ州)他
「うちで踊ろう」(2020年、星野源)他
「いい空は青い。」(2002年、一倉宏)他
「忘れものを、届けにきました。」(1998年、糸井重里)他
JR九州「愛とか、勇気とか、見えないものも乗せている。」他
ブレーンTopへ戻る