IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

UP TO WORKS

3つの企画を同時展開、講談社『ザ・ファブル The second contact』のプロモーション

01

02

03

講談社/『ザ・ファブル The second contact』(南勝久)
「ザ・コンプライアンス」(01)、「ザ・もじル」(02)、「ザ・大阪人」(03)
OOH

『ザ・ファブル The second contact』5巻(新刊)発売を盛り上げるプロモーションを、漫画の舞台でもあり、作者の南勝久氏と縁の深い「大阪」を拠点に3つの企画で展開。

ザ・コンプライアンス(01)

ザ・ファブルから切っても切り離せない「銃」などの表現は、公共メディアにおいて広告規制がかかってしまうため、広告を堂々と打つことは不可能だった。そこで、登場人物が持つ「銃」や「ナイフ」を主人公・佐藤明の好物の「サンマ」に持ち変えることで広告規制をかいくぐることに成功した。

ザ・もじル(02)

ファブル:Fableは、「寓話」という意味だが、日本人にとって、馴染みがあるのは、「ファブル」よりも「ファーブル(昆虫記)」ではないだろうか。そんな想いから生まれたのが、この企画。「ファーブル」をはじめ、「ファブル」の語感をいじり倒すことで、タイトルと新刊の印象を残す広告を制作した。

ザ・大阪人(03)

広告の王道手法ともいえる「生声」企画。この「生声」をファブルらしく、大阪らしく、つくることはできないかと考えた。ファブル読者からは、「なんでやねん!!」のツッコミを引き出し、ファブル未読者には「どーゆうこと!?」の疑問を生み出すような、あらゆる人が気になる広告を目指した。
(TBWA\HAKUHODO クリエイティブ・ディレクター 宇佐美雅俊)

  • 企画制作/TBWA\HAKUHODO+博報堂+SESAME+博報堂プロダクツ
  • CD/宇佐美雅俊
  • C/駿河亮、德岡淳司
  • AD/伊藤裕平
  • D/守田麻純、朝長久裕、宮代早也佳
  • Pr/後藤塁、松澤優
  • 撮影/本村仁
  • レタッチ/小原茉莉、羅浚偉
  • レタッチPr/木村萌恵
  • AE/近藤陽子、山内亜香音、岩田美也子
  • 掲出(01)/JR西日本 大阪駅中央中2階北ジャンボ10・JR西日本 大阪駅南口ビッグシート(11/7~11/13)ほか
  • 掲出(02,03)/Osaka Metro 梅田駅臨時集中貼・Osaka Metro なんば駅臨時集中貼・Osaka Metro なんばパノラマビューセット(11/14~11/20)ほか

UP TO WORKSの記事一覧

UP TO WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る