IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

xR時代のテクニカルディレクション

なぜxRの「x」は小文字なのか

岡田太一

xRやメタバースなどへの注目が高まる中、広告領域でも新たなテクノロジー活用の可能性が広がっている。CGなどによるリアルタイム表現のR&Dに多数取り組んできた岡田太一さんが解説する。

xRを取り巻くイメージ。

なぜxRの「x」は小文字なのか

xRはこれまで紹介してきたVR、AR、MRなどの言葉に対して、頭文字を不定の意味である「x」とすることで総称した言葉です。それぞれは研究の経緯や適用範囲の違いはあれど、概念に近い部分があったり要素技術に共通項があったりするため、総称する言葉が欲しくなることは理解できます。

xが小文字か大文字か、について明確なルールは存在しないのですが、通常こうした用法で不定を意味する際は小文字で表記します。当初xRという言葉が出てきた際も、小文字表記が多かったように思います。ただ、この言葉がマーケティングワードとして使われるようになると、新たな混乱が生まれてしまいました。

マーケティングワードとして使われる場合、大文字の「XR」が多いようです。xRが「x」を小文字にすることで(少なくとも当初は)明確にその意味を不定としていたのに対し、XRについては「XR」という特定の技術があるという前提で話している人もいます。「Cross Reality」の略でありVR、AR、MRの複合と定義される場合もあります。

確かに近年のVR、AR、MRはその境界が曖昧になってきてはいますが、XRという特定の技術は存在しないため注意が必要です。頭文字が大文字か小文字かについてそこまで強い意味はないのですが、この辺りの区別に頓着のない方は各要素技術についても区別ができていないことが多く、実態として何の話をしているのかは要素を分解してみないと特定できません。

クリエイティブ業界でこの言葉を使う人は、「メタバースの話をしている人」「デジタルツインの話をしている人」「バーチャルプロダクション(スタジオ)の話をしている人」「センシングを利用した体験型コンテンツの話をしている人」「その他よくわからないが新しいことの話をしている人」と入り乱れているように見受けられます。

メタバースやデジタルツイン、バーチャルプロダクションも一言では説明ができないマーケティングワードであるため、これらの言葉から逆算でXRを説明しようとするとトートロジーに陥る可能性があります。最低限の共通項は、HMD型のデバイスまたは空間位置トラッカーなど各種センサーの利活用に関連した話、といったあたりでしょうか。本連載ではVR、AR、MRの総称という意味に限定する意味で、「xR」という言葉に統一していこうと思います。

それぞれの言葉はマーケティング的な都合で生み出された面があり、必ずしも概念や技術的な立脚点とワードが対応していません。企画のフィジビリティを考える際は、言葉に惑わされずにどんな技術の話をしているのか区別することが大切です。

クライアント、クリエイティブ、テクニカルでそれぞれ言葉の定義がズレていることは日常茶飯事であり、相手がどういった意味でその言葉を使っているのか、コミュニケーションの交通整理をする必要があります。こうした言葉の数々の正しい定義、間違った定義、諸説をそれぞれ把握しておく必要があり、それができる役職がテクニカルディレクターであると考えています。

sync.dev
Technical Director/Visualization Artist
岡田太一(おかだ・たいち)

CG会社のDigitalArtistからキャリアを開始。ポストプロダクションを経て、現在はビジュアルクリエイティブ領域にてテクニカルディレクションを担当。得意な分野は映像編集、ビデオ信号とリアルタイム合成、トラッキング関連など。

xR時代のテクニカルディレクション の記事一覧

なぜxRの「x」は小文字なのか(この記事です)
「SR(代替現実)」言葉の定義と歴史
「AR」「MR」言葉の定義と歴史
最も古い「VR」言葉の定義と歴史

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る