IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

STAND THE FLAG

もしも歴史上の偉人が地元の人々と交流したら?

静岡県/下田市観光協会「行こうじゃ、下田温泉」

「行こうじゃ、下田温泉」のCM。下田港、町の食堂、温泉と、訪れる先々で住民から声をかけられ、「久しぶりに訪れた下田は、人も街も、すべてが温かかった」と述懐するペリー。最後は下田市のご当地キャラクター「ぺるりん」とも遭遇。

1854年にマシュー・ペリーが“黒船”に乗って来航した下田市。この地をペリーが再び訪れたという設定のCMが、4月1日からBSで1カ月間、YouTubeで3カ月間放映された。下田市は東急グループの伊豆急行における終点かつ観光拠点であり、プロモーションに注力しているエリア。その縁もあって同グループの東急エージェンシーが制作を手がけた。内容は“再来航”したペリーが漁師や料理屋の女将など地元の人々との交流を通して人情に触れるというもの。

「ゆかりのある名所が数多くあること、誰もが知る存在であることから、ペリーをアイコンとして下田の魅力を再発見するというコンセプトとしました」と話すのはクリエイティブディレクターの中里智史さんと堀内有為子さん。「教科書で見たペリーと瓜二つ」という演者にオーディションで出会えたのも大きかったそう。また、営業の清水誠さんによれば、地域住民が多数出演しているのは、同市がどのようなブランド価値を持っているかを市民にも感じてもらうため。CMを通して地域の一体感を高めるという狙いもあった。

金目鯛や温泉といった観光資源に加え、本質的な魅力として地域の温もりを訴求するという考えは、プロデューサーの長谷川光さんが下田市のシティプロモーションアドバイザーとして立案した「第2のふるさとのような場所」という観光コンセプトに基づいている。

「下田市はこれまでも観光動画を制作してきましたが、今回、クリエイティブの力でより共感力を持たせたブランディングができたと思います」と長谷川さん。実際に下田の街で暮らし、ロケーションの受け入れ強化などのまちづくりを推進してきたことが下地となった。今回の成果を軸として、今後は観光への動機づけを図っていくことに注力していこうと考えている。

Text:rewrite_W

東急エージェンシー
事業共創本部
共創ビジネスプロデュース局
第2プロデュース部
長谷川光さん

東急エージェンシー
事業共創本部
第9ビジネスデザイン局
第1ビジネスデザイン部
清水誠さん

東急エージェンシー
マーケティングDX本部
第2統合ソリューション局
統合プランニング部
堀内有為子さん

東急エージェンシー
マーケティングDX本部
第1総合ソリューション局
総合プランニング部
中里智史さん

  • 企画制作/東急エージェンシー+東北新社
  • CD+企画+C/堀内有為子、中里智史
  • AD/宮本碧美
  • Pr/大垣暁
  • PM/見黒広太、小池駿介、矢島栄太郎
  • 演出/林賢五
  • 撮影/南部恵佑、鈴木陽平(助手)、馬場渉(助手)
  • 編集/辻陸平
  • 録音/伊東大毅、須田博史
  • ST/熊川真桜
  • HM/佐藤恭子
  • 協力/長谷川光
  • AE/清水誠
  • 出演/クリス・ダーボル、ぺるりん

STAND THE FLAG の記事一覧

明智光秀を超える「変化人」にスポットを当てる、福知山の変
群馬県が約250体の埴輪をデータベース化、3D埴輪も登場
もしも歴史上の偉人が地元の人々と交流したら?(この記事です)
「カープ愛」とリアルな方言で広島エリア限定の共感をもたらす
シュールさをワンビジュアルで表現 レンタスティック北海道CM
堤幸彦監督が協力、愛知県蟹江町が幻の探偵小説を映像化
奈良の新旧の交差点を描く、JR東海「いざいざ奈良」キャンペーン
地元クリエイターによる、佐渡島・金山の歴史をたどるボードゲーム
「循環型社会」がテーマ 北九州の新アミューズメントパーク
日本発祥のドリフトを福島から世界へ 映画『ALIVEHOON』公開
2024年春の福井・敦賀新幹線開業へ 「ZEN」の精神性を音で表現
鈴鹿サーキット60周年 全長44メートルの交通広告で感謝を伝える
千葉・犬吠埼温泉発、犬のごとく「吠える」PR動画
あえて観光ムービーにはしない 25分の『縦型』映画

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る