IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

心に残ったプレゼン術

野菜一日これ一本「これイチくん」を擬人化したテレビCM

カゴメ

カゴメは6月13日から、野菜ジュース「野菜一日これ一本」の新テレビCM「あなたの野菜になりたい」篇の放映を開始した。CMとしては初めて、商品のパッケージにも登場するキャラクター「これイチくん」を大々的にアピールしている。

会社員らしき男性が昼食に合わせる野菜に悩んでいると、背後に巨大な「野菜一日これ一本」のパッケージが現れる。どこからともなく「僕じゃダメですか?」と声が聞こえたかと思うと、中から博多華丸が演じる「これイチくん」が登場。「あなたの野菜になれますか?」と、男性に突然のハグをするという展開だ。

「野菜一日これ一本」は2004年に発売されたロングセラー商品。過去には食事に合うことを訴求したテレビCMを多数展開してきた。「添加物を加えず30種類の野菜350グラム分を使用していることが特長で、30~50代の働き盛りの男性がメインターゲット。例年、健康を意識することが多くなる春に新作CMを発表しています」とカゴメマーケティング本部の瀬本あゆみさん。これまでも電通と広告展開を含めたマーケティング戦略を進めており、本作も電通チームと制作した。

オリエンテーションでカゴメ側が伝えたのは、競合商品が増える中で「毎日安心して飲める手軽さ」によって消費者の健康を支えるパートナーのような存在になりたいという思い。「これに加えて、『これイチくん』を登場させることで、お客さまに寄り添う存在としてアピールしていきたいとお願いしました」(瀬本さん)。

カゴメ社内や小売店などでは商品自体が「これイチ」という愛称で呼ばれていることもあり、その存在を消費者にも広く知ってもらいたいという思いもあった。「これイチくん」のキャラクターに関しては2021年8月に新聞広告に登場していたが、CM内で改めて存在をアピールするのは初となる。「親近感や安心感という目線から華丸さんのキャスティングはピッタリ。『これイチくん』の全身を立体化するのも初だったので、三次元での見え方を1から考えました」(瀬本さん)。

「これイチくん」の登場するシーンは、背景が野菜畑になっており、同社が掲げる「畑は第一の工場」というものづくりへの思想とも合致する。「言葉として訴求できることに限りがある中で『あなたの野菜になりたい。』というメッセージが、商品の世界観にうまくはまりました。SNSなどでの反響を見ていると『これイチくん』のインパクトのある姿とともに、『これイチ』という愛称が浸透しつつあると実感しています」(瀬本さん)。

カゴメ
マーケティング本部
広告部 宣伝グループ
瀬本あゆみ(せもと・あゆみ)

2008年入社。営業部門、メニュー戦略部門を経て、広告部にて食育コミュニケーション、「野菜一日これ一本」のブランドコミュニケーションを担当。

  • 企画制作/電通+電通クリエーティブX
  • CD/蓬田智樹
  • 企画/三木小夜子、大崎名美映、宮本梨世
  • AD/岩原一平
  • STPL/山根有紀也
  • Pr/鈴木健司、葉山和、石割貴大
  • PM/菊池美恵、兵頭真優
  • 演出/森ガキ侑大
  • 撮影/鈴木ジュンペイ
  • 照明/溝口知
  • 美術/野田花子
  • 造形/吉井亮太郎
  • 編集/平井健一(オフライン)、須藤公平(オンライン)
  • カラリスト/伊藤創太
  • 作曲/森優太
  • SE/勝亦さくら
  • MIX/西山徹
  • 録音/高須賀健吾
  • フードST/出雲みちこ
  • ST/髙木阿友子(松澤)
  • HM/鶴崎知世(華丸)、Nori(松澤)
  • ロケCRD/柿崎文香
  • PRプランナー/辰野アンナ
  • AE/若松真紀子、ショウブンニ、岡本麗央
  • 出演/博多華丸、松澤匠
  • https://youtu.be/Ie4RDQ06smc

心に残ったプレゼン術の記事一覧

心に残ったプレゼン術の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る