IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

CREATIVE NEWS

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング ほか展覧会情報

現代アートを通じて生の本質を見つめ直す

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

目に見えない新型コロナウイルスによって世界中の活動が急停止し、人々の日常生活や心境は大きく変化せざるを得なくなった。さらに、パンデミックは社会に横たわるさまざまな問題、分断や衝突を可視化し、私たちは国や人種、宗教といった枠組みだけでなく、地域や家庭などより身近な環境や生き方をも直視させられている。

本展では、現代アートに込められた多様な視点を通じて、あらゆる定義や前提が揺るがされたパンデミック以降の新しい時代をいかに生きるのか、「生きることとはなにか」など、人間の生を本質的に問い直すと同時に、未来の可能性を提示する。

作品の素材やスケールを体感しながらアートと向き合えるよう、リアルな空間での体験を重視した構成となっており、本展のタイトルにもなったオノ・ヨーコのインストラクション・アートをはじめ、彫刻や映像、写真、絵画など、国内外で活躍するアーティスト16人の作品を紹介する。

自然と人間、個人と社会、家族、繰り返される日常、精神世界、生と死......など、生や実存に結びつく主題を扱った作品群は、鑑賞者にとってのウェルビーイング、すなわち「よく生きる」ことへの観察と考察を促すはずだ。

《ヘーゼルナッツの花粉》を展示するヴォルフガング・ライプ 豊田市美術館(愛知)2003年 Courtesy:ケンジタキギャラリー(名古屋、東京) 撮影:怡土鉄夫 ※参考図版

ギド・ファン・デア・ウェルヴェ《第9番世界と一緒に回らなかった日》2007年 ハイビジョン・ビデオ・インスタレーション 8分40秒 Courtesy:Monitor,Rome;Grimm,Amsterdam;Luhring Augustine,New York 撮影:ベン・ゲラーツ

飯山由貴《海の観音さまに会いにいく》2014年 ビデオ、スライド 撮影:宮澤響 ※参考図版

ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳)《子宮とダイヤモンド》(部分)2021年 手吹きガラス、鏡、ダイヤモンド 300×600cm 展示風景:「ツァイ・チャウエイ:子宮とダイヤモンド」リブ・フォーエバー財団(台中)2021年

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中、11月6日まで
森美術館[東京・港区]
10時〜22時(火曜のみ17時まで、入場は閉館時間の30分前まで)※事前予約制を導入
休館日:会期中無休
観覧料:【平日】一般1800円(1600円)、高校・大学生1200円(1100円)、4歳~中学生600円(500円)、65歳以上1500円(1300円)
【土日・祝日】一般2000円(1800円)、高校・大学生1300円(1200円)、4歳~中学生700円(600円)、65歳以上1700円(1500円)
◇お問い合わせ→ハローダイヤル 050-5541-8600

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode ほか展覧会情報
地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング ほか展覧会情報(この記事です)
「The Lost Class」がONESHOW、NY ADC、D&ADで最高賞
ゲルハルト・リヒター展 ほか展覧会情報
BRIAN ENO AMBIENT KYOTO ほか展覧会情報
第62回クリオ賞「The Lost Class」が4部門で最高賞受賞
FUTURE-SPECT Lab.―素材と思考のデザインスタディ―ほか展覧会情報
フランス・モダン・ポスター展 ほか展覧会情報
佐藤卓 TSDO展〈in LIFE〉ほか展覧会情報
印刷技術とアイデアが融合「グラフィックトライアル2022」
クリエイター・オブ・ザ・イヤー発表 山崎博司氏ら表彰
大阪中之島美術館「みんなのまち 大阪の肖像」ほか展覧会情報
平間 至 写真展「すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!」ほか展覧会情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る