IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

ゲルハルト・リヒター展 ほか展覧会情報

60年の画業と対峙し、「ものを見る」営みを知る

ゲルハルト・リヒター展

ドイツ東部のドレスデンで生まれた現代アートの巨匠ゲルハルト・リヒターは、油彩画に写真、デジタルプリント、ガラスや鏡など多様な素材を用いて具象と抽象を行き来しながら、人がものを見て認識する原理自体の表現に取り組み続けてきた。

リヒターが90歳を迎えた今年、東京の美術館では初となる個展が開催される。本人が手放さずに所蔵してきた初期のフォト・ペインティングからカラーチャート、グレイペインティング、アブストラクト・ペインティング、オイル・オン・フォト、そして最新作のドローイングまで、約110点を通じて60年におよぶ画業をたどる試みだ。

本展では、アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所で囚人が隠し撮りした写真を描き写したイメージが絵具の下層に隠された、4点の巨大な抽象画からなる《ビルケナウ》が日本初公開される。「(自らの芸術的課題から)自分が自由になった」と感じたとリヒター自身が語ったように、彼の達成点であり、転換点にもなった最重要作品だ。

「ものを見る」とは、視覚に限らず芸術やホロコーストを内包する20世紀ドイツの歴史、作家自身やその家族の記憶、そして我々の固定観念や見ることへの欲望が絡み合った営みそのものを意味している。

ゲルハルト・リヒター《モーターボート(第1ヴァージョン)(79a)》1965年 ゲルハルト・リヒター財団蔵 油彩、キャンバス 169.5×169.5cm

ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ(937-2)》2014年 ゲルハルト・リヒター財団蔵 油彩、キャンバス 260×200cm

ゲルハルト・リヒター《4900の色彩(901)》2007年 ゲルハルト・リヒター財団蔵 ラッカー、アルディボンド、196枚のパネル 680×680cm パネル各48.5×48.5cm

©Gerhard Richter 2022(07062022)

ゲルハルト・リヒター展

6月7日〜10月2日
東京国立近代美術館[東京・千代田区]
10時〜17時(金曜・土曜は20時まで、入場は閉館時間の30分前まで)
※日時指定券販売
休館日:月曜(7月18日、9月19日は開館)、7月19日、9月20日
観覧料:一般2200円、大学生1200円、高校生700円
◇お問い合わせ→ハローダイヤル 050-5541-8600
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方とその付添者(1人)は無料。
※当日券は東京国立近代美術館、日時指定券はオンラインにて販売。
※展示作品、会期、休館日、開館時間などについては今後の諸事情により変更する場合がありますので、公式サイトなどでご確認ください。

https://richter.exhibit.jp/

作品との対話から浮かぶ自然をめぐる新たな風景

国立西洋美術館リニューアルオープン記念
自然と人のダイアローグ
フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

優れた近代美術の個人コレクターとして知られる松方幸次郎と...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

ゲルハルト・リヒター展 ほか展覧会情報(この記事です)
BRIAN ENO AMBIENT KYOTO ほか展覧会情報
第62回クリオ賞「The Lost Class」が4部門で最高賞受賞
FUTURE-SPECT Lab.―素材と思考のデザインスタディ―ほか展覧会情報
フランス・モダン・ポスター展 ほか展覧会情報
佐藤卓 TSDO展〈in LIFE〉ほか展覧会情報
印刷技術とアイデアが融合「グラフィックトライアル2022」
クリエイター・オブ・ザ・イヤー発表 山崎博司氏ら表彰
大阪中之島美術館「みんなのまち 大阪の肖像」ほか展覧会情報
平間 至 写真展「すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!」ほか展覧会情報
TDC グランプリ 大西景太「名曲アルバム+」映像作品に決定
スパイクスアジア2022、4部門で日本関連作品がグランプリ受賞
「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」ほか展覧会情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る