IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

業界ニュース

「大阪広告協会賞」「やってみなはれ佐治敬三賞」発表ほか 業界関連ニュース

広告・デザイン関連の各協会団体によるクリエイティブのニュースをお届けします。

「大阪広告協会賞」「やってみなはれ佐治敬三賞」発表

ダスキンの一社提供のラジオ番組『無理なくつづく』(FM 大阪)。

電通関西支社 正樂地咲さん(クリエーティブ・デザイン局 プランナー/コピーライター)。

大阪広告協会は3月25日、「第65回大阪広告協会賞」と「第55回やってみなはれ佐治敬三賞」の結果を発表した。それぞれ積水ハウス、電通関西支社の正樂地咲さん(クリエーティブ・デザイン局プランナー/コピーライター)が受賞した。

大阪広告協会賞を受賞した積水ハウスは「家に帰れば、積水ハウス」という企業・広告メッセージに代表されるように、これまで一貫した広告コミュニケーションを展開してきた実績が評価された。

同社は東京と大阪に広告宣伝機能を置き、家庭や行事などに焦点を当て、踏み込んだ内容の広告にもチャレンジするなど多彩な広告活動を進めてきた。これにより「家族の幸せな暮らしと住まいを支えてゆくことを約束する」広告が、大阪そして日本の広告界を明るくし、長年にわたり牽引してきたという点が選出理由となっている。

一方、広告文化の新しい時代を切り拓くチャレンジ精神あふれる作品を制作したクリエイターを顕彰する「やってみなはれ佐治敬三賞」を受賞した正樂地さんは、ダスキンの一社提供のラジオ番組『無理なくつづく』(FM 大阪)が評価対象となった。同番組は、お笑い芸人のロングコートダディが出演した第一弾が2021年10月に、第二弾が今年3月にオンエアされた。

受賞理由として「1点の作品にすべてのエネルギーが注がれ、企画意図から脚本まで優れたラジオコンテンツ。番組とCMの垣根を無くし、新しいラジオ広告のクオリティを追求している」「ラジオ広告への執念はやってみなはれの精神を体現している」という点があげられている。

正樂地さんはこれまで、ACC賞ラジオ部門(2013年から2021年まで連続入賞)、TCC新人賞、OCC賞、CCN賞、FCC賞などを受賞している。

2022年度グッドデザイン賞 応募受付開始


日本デザイン振興会は4月1日、主催事業である2022年度グッドデザイン賞、およびグッドデザイン・ロングライフデザイン賞の応募受付を開始した。締め切りは5月25日。

グッドデザイン賞は、1957年から続く日本を代表する世界的なデザイン賞。毎年国内外の企業や団体、デザイナーなどが多数応募し、これまでに多くの優れたデザインが受賞している。2021年度は、5835件の応募を対象に審査を実施した結果、1608件が受賞した。

2022年度の審査委員長・副委員長は、昨年に引き続き、安次富隆さん(プロダクトデザイナー、ザートデザイン取締役社長)と、齋藤精一さん(クリエイティブディレクター、パノラマティクス主宰)で、本年度のテーマは「交意と交響」。人々が持つ「創造する意志」を積極的に交わらせ、そうした人々のアクションが互いに関係し影響し合うことで生み出されるデザインに注目していくという方針を掲げている。

応募対象は、商品・建築・アプリケーション・ソフトウェア・コンテンツ・サービス・システム・デザインを活用したプロジェクトや活動などで、国内外、一般用/業務用は問わない。2022年10月7日に受賞発表が可能なこと、2023年3月31日までに購入または利用が可能なことが応募条件となる。

応募は、公式サイトのエントリーページにて。今年度の受賞結果は10月7日に発表、11月1日に大賞が決定する。

第89回毎日広告デザイン賞 結果発表

毎日新聞社が主催、経済産業省が後援する第89回「毎日広告デザイン賞」の結果が4月7日に発表された。

企業からの課題に沿って制作する「一般公募・広告主課題の部」の最高賞は、「赤穂の天塩」の課題に対して作品を制作したウィルコミュニケーションデザイン研究所 石野亮真さん...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

業界ニュース の記事一覧

「大阪広告協会賞」「やってみなはれ佐治敬三賞」発表ほか 業界関連ニュース(この記事です)
第25回「文化庁メディア芸術祭」大賞など決定ほか 業界関連ニュース
「Gerety Awards2022」審査員発表ほか 業界関連ニュース
2021 OCC賞グランプリ決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る