IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

ヤフー「今日、何を話そう。」震災を知らない世代と「あの日」を思い出す新聞広告

「今日、何を話そう。」

今日、何を話そう。

1023万人。

これは、東日本大震災以降に生まれた子どもたちの人数。

どう伝えよう。どう守ろう。

そう思ったら、まずは「3.11」と検索してみてください。

おひとりにつき被災地へ10円の寄付が届くだけでなく。

あの日を知り、知恵に変えていくきっかけにもなるから。

子どもに、未来に、残すために。

ヤフーとLINEは今年も「3.11検索」を行っています。

ヤフー/防災啓発
「今日、何を話そう。」

驚くことに、東日本大震災後に生まれた震災を知らない世代は、現在の人口の1割近く。放っておけば風化が進むのはたやすいことです。今年のYahoo!×LINEの防災啓発広告は、震災を知らない世代のために「あの日」を思い出そうというアプローチです。被害の大きかった宮城県の野蒜海岸にて、震災後に生まれた地元の女の子を被写体にしました。3.11検索での被災地へのドネーションと共に、「あの日」を語り継ぐことが、未来をつくる土台になると思います。
(HAKUHODO DESIGN チーフアートディレクター 柿崎裕生)

  • 企画制作/HASHI+HAKUHODO DESIGN+博報堂+ADSALT
  • CD/橋田和明
  • AD/柿崎裕生
  • C/井手康喬、桃井菜穂、安達岳
  • D/長川吾一
  • Pr/菊地孝幸
  • 撮影/加藤純平
  • ST/関悠太
  • HM/遠藤芙未子
  • CRD/中井睦浩
  • 製版+印刷/東京ニュース
  • 掲載/30段:読売・朝日・毎日・日経・産経、15段:北海道・中国・西日本・神戸・京都・山陽・沖縄タイムズ・琉球・上毛・埼玉・神奈川・千葉日報・岐阜・河北新報・福島民報・福島民友(3/11)

UP TO WORKSの記事一覧

UP TO WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る