IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

BOVA

BOVA2022 一般公募部門 協賛企業賞 受賞作品一覧

本年度は、一般公募部門225作品、広告主部門185作品のご応募をいただきました。ご応募いただいた皆さま、誠にありがとうございました。ここでは一般公募部門の協賛企業賞を発表します。なお今後は、グランプリほか各賞を4月26日に公式サイトで発表し、詳細を4月30日発売の『ブレーン』6月号に掲載します。結果を楽しみにお待ちください。受賞作品は、BOVA公式サイトにてご覧いただけます。

※FEEL CONNECTIONの課題については、協賛企業賞は該当作品無しとなりました。

コープデリ生活協同組合連合会
「食材自慢」
佐藤史剛(スターランドコミュニケーション)


IDEA:もしも食卓に並んでいる食材同士が話せたのなら......。「地球に優しい食材」はきっと自慢したいはずだ!そんな妄想をカタチにしようと考え、ターゲットであるこれからの未来を支える若い世代へ説教くさくなく届けるためにイラストアニメーションで描こうと決めました。幼い子どもをもつ親にも「食育」として今回の映像を活用してもらうことを目標のひとつに設定して、この作品単体の拡散ということだけでなく、エシカルという考え方自体が世の中全体に広まることを目指しました。


受賞コメント:わたくし(中島)、ディレクターのわがままでFIXしていた構成と表現を変更したのにもかかわらず、企画の大きな捉え方で導いてくれたCDの増子さん、社内承認済みだったのに変更を許してくれたプロデューサーの佐藤さん、時間が無いなか素敵なイラストを描いてくれたモリスンさん、何日も朝から朝まで編集してくれた染ちゃん、想いを汲み取ってくれた作曲家のたけしん、キャラクターを自分のものにしてくれた声優陣の陸、金ちゃん、高田さん、本当に本当にありがとうございました。


お祝いの言葉:この度は、受賞おめでとうございます。本作では、コープデリグループの特徴的な取り組みを題材にコミカルに表現されていて、楽しませていただきました。これからもこの取り組みを通じて持続可能な社会を目指してまいります。最後に受賞者の方をはじめ、ご応募いただいた皆さまに感謝申し上げますとともに、今後のますますのご活躍をお祈り申し上げます。
(コープデリ生活協同組合連合会 コミュニケーション・サステナビリティ推進 統括部長 朽木康之)

  • 企画制作/オリコム+スターランドコミュニケーション
  • CD+企画+C/増子健太
  • 企画+C+演出/中島あもう
  • C/安里金太郎
  • Pr/佐藤史剛
  • I/モリスン
  • 編集/染谷知暁
  • 音楽+SE/竹村信哉
  • 出演/小林陸(佐渡の田んぼの稲穂さん)、安里金太郎(沖縄の海出身のもずくさん)、高田美奈(お米育ちの豚さん)

コタ
「髪は、女の命?」
大澤希美恵(電通)、亀谷遼輔・足立耕基(アットアームズ)


IDEA:「髪は女の命」と言うけれど、もしも本当に髪が女性の命に関わるとしたら......?そんな奇妙な世界に迷い込む、一人の女の子の物語です。映像の世界と違って、実際は「髪くらい」で人の命は簡単に左右されません。でも「髪くらい」のことで、私たちはいとも簡単に前向きになれます。主人公・のぞみの体験を通じて、「髪が人に与える本来の力」に気付き、ご自身の「髪」に改めて目を向けるきっかけとなれば幸いです。


受賞コメント:オリエンを読み進めるなかで「髪は女の命」という言葉が目に留まり、一瞬の違和感を覚えたことが企画のはじまりでした。そこからチームで、どうすれば課題に応えられるか、見応えのある映像に仕上がるか、頭を捻る日々が続きました。このような素晴らしい賞をいただくことができて大変光栄です。全ては制作に関わってくださった皆さまのおかげです!ありがとうございました。


お祝いの言葉:受賞おめでとうございます。「髪は、女の命?」という疑問を投げかけるテーマがユニークで、ふと自分の髪に目を向けるきっかけを与える新しい視点での作品だったことから協賛企業賞として選定いたしました。当社が世の中の女性に実感してほしいと考えている「女性は髪からもっと美しくなれる」という世界観が描かれており、髪を美しくすることで前向きな気持ちになり、明るい未来へと導くことが表現されていました。ありがとうございました。
(コタ 広報・IR部 松田智里)

  • 企画制作/電通+アットアームズ
  • CD+企画+C/大澤希美恵
  • 企画+演出+編集(オフライン)/亀谷遼輔
  • AD/辻岡翔
  • Pr/足立耕基
  • PM/村上純子、千田華遊、杉本克海
  • 撮影/岩出知也、大西辰弥
  • 照明/河野氷雅、渡辺亮
  • 編集(オンライン)/神田晃弘
  • 録音+MA/成瀬篤志、内田雅巳、木村健太郎
  • カラリスト/内藤亜莉紗
  • HM/仲島遥
  • 出演/新野七瀬、青海衣央里、青野竜平、山宮翼、尾形美香、優愛、今村友也、西側愛弓、澤田有花理

DINOS CORPORATION
「迷いながら、進むんだ。」
櫛田直希(博報堂)


IDEA:「迷うぐらいなら、やめておこう。」と、直感に従った選択ができなかった経験がある方も、実は多いのではないでしょうか。「迷いながら、進むんだ。」は、そんな経験がある方に向けた物語です。「今の自分の、好きだという気持ちだけでは、先々のことまで決めきれない」主人公の上京物語で、“今は、決めない!試すだけ!と決めたら、自分が一番ワクワクする可能性を選べる”という、家具レンタルのflectが提供できるエモーショナルな価値に共感してほしいと考えました。


受賞コメント:小説執筆やドラマ制作などで活躍してきた橋爪駿輝さんと一緒に、“広告として機能する物語”を目指して制作した映像だったので、協賛企業賞というフィードバックを頂戴できたこと、うれしく思います。サポートいただいたAOI Pro.伊藤剛さんはじめ、チームの皆さま、演者の皆さま、ありがとうございます。この物語を通じて、「上京してみたかった」という、長年の密かな願望も叶えることができました。続編として「東京新生活」篇も、制作したいと目論んでおります(笑)。


お祝いの言葉:この度は、受賞おめでとうございます。本作は、あえて「家具選び」ではなく、より普遍的な「進路・やりたいこと」をテーマとすることで、家具選びの迷いと人生の迷いが重なり、多くの方が共感できる内容になっていると感じました。また...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

BOVAの記事一覧

BOVAの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る