IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

REPORT

ラジオCMを制作 直川隆久さんが講師

今回で13期目となる「ラジオCM制作実践講座」。エフエム福岡と宣伝会議の共同講座として、直川隆久さん(電通)を講師に迎え、全3日間の講義が福岡会場とオンラインで実施された。本講座では、受講生が課題として取り組んで企画したラジオCMを実際に収録。広告会社や制作会社、一般企業、大学生などさまざまな年齢、職種の受講生が、九州のみならず、東京、沖縄など全国から受講した。

「ラジオCM制作実践講座」の講義風景から。

企画の広がりを音のみ20秒で表現

今期の協賛企業は、福岡本社の地域密着型の人材会社「ACR」、リース事業を中心に環境ソリューション事業や不動産事業などを展開する「九州リースサービス」、九州一の繁華街・天神地区にある天神地下街を運営する「福岡地下街開発」の3社。受講生は各企業のオリエンテーションをもとに実際にラジオCMを制作する。講師は、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS ラジオCM部門でグランプリの受賞経験を持つ電通 直川隆久さんが昨年に引き続き務めた。

初日は、ラジオCM制作の基礎を学び、最後に協賛企業3社からのオリエンテーションが行われた。2日目は、受講生が考えてきた作品への講評を踏まえて数本を実際に収録。音声にしたときの伝わりやすさや演出のコツなど、現場ならではの指導も行われ、CMができるまでの流れを体験した。

最終日は受講生が再提出したCMコンテから、各協賛企業賞と、直川さんが選出した優秀作品の全6本を収録、編集。コピーの磨き上げ、ナレーターへの指示出し、効果音の選択などを行い、CMを完成させた。

制作した6作品からグランプリに選ばれたのは、大久保愛さんが企画した、福岡地下街開発の「ダービー」篇。同作をはじめ、制作した6作品は実際にエフエム福岡で2021年11月から順次オンエアされている。

    グランプリ
    大久保愛

    福岡地下街開発「ダービー」篇

    BGM:人が集まってガヤガヤとしている音

    SE:ガッシャン(ゲートが開く音)
    (イメージは競馬の実況。だんだんとテンションが上がっていく。)

    実況(男性アナウンサー):さあ、はじまりました。
    天神での買い回り。
    母娘が、豊富な提携先で次々に買っていく。
    そして駐車料金がお得になっていく!
    あと3,000円、2,000円、1,000円!
    いったー!駐車料金3時間無料ー!!

    NA(女性):買えば買うほど駐車料金が安くなる。
    天神で買い物するなら、天神地下街駐車場。

    受賞者コメント

    受賞できてとても嬉しいです。このラジオCMは、訴求点を満たしつつ、「一度聴いたら耳に残るようなリズム感のあるCM」という要望をどう実現するかが最大の難点でした。当初「音楽に乗せる」という考えに固執して行き詰まってしまいましたが、「音楽」ではなく「音」まで広げて考えてみたところ、脳が限界を感じ始めた午前1時にふと競馬の実況が頭の中に流れ、このCMが...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

CAC受講生が書いた「ZETA DIVISIONのキャッチフレーズ」入賞作を発表
ラジオCMを制作 直川隆久さんが講師(この記事です)
歴代10年分のブックジャケット 竹尾 見本帖本店で一斉に展示

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る