IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

広告企画

若者の自己肯定感を高めるメッセージ クラフトマンシップへの熱量も表現

NECパーソナルコンピュータ×CONNECTION LAB

NECパーソナルコンピュータのPCブランド「LAVIE(ラヴィ)」は若年層や往年のファンに向けた15分のブランドムービーを制作した。仏語で「人生」を意味するブランド名にちなみ、タイトルは「C’EST LA VIE」。CONNECTIONの白石剛浩さんが監督を務めた。

「会話を通して人間味を出す」映像に

主人公は、駆け出しのファッションデザイナーとして働くユキ(アユニ・D)。リモートワークが続き、PC越しのクライアントとのやりとりもうまくいかない。夢見ていたはずの仕事にも行き詰まっていた。理想と現実に葛藤する日々が続く中、ユキは路上ミュージシャンの姉・エリ(イマムラキョウカ)のすすめもあり、デニム工場で職人として働くおじいちゃん(仲義代)のもとをふと訪れる──。

15分間のムービーで特に大きな事件が起きるわけではない。ユキは家族とのやりとりを重ねるうちに、何気ない毎日や日常のその先にある希望を少しずつ見出していく。その傍らには仕事に欠かせないツールとして、あるいは家族とのコミュニケーションツールとして「LAVIE」が寄り添っている、というストーリーだ。

自分自身の生き方に悩む若い女性を主役に据えた今作品。NECパーソナルコンピュータの田神千津子さんは、「自己肯定感が低いといわれる若者たちに向けた、LAVIEブランドからのメッセージです」と意図を明かす。

特に近年、LAVIEブランドに対する若年層の認知が課題となっていた。「国内メーカーならではの製品開発における細部へのこだわりや、クラフトマンシップへの熱量を持っているものの、若年層には伝わりきっていない。そこで自分ごと化できるようなストーリーを設計し、若年層に親近感を持ってもらえるムービーを目指しました」と同社の越智道夫さんは説明する。

一方で、若年層だけでなく、従来の「LAVIE」ファンに受け入れられる内容であることも重視した。劇中では最新タブレット「LAVIE Tab T12」が登場するが、往年のファン心をくすぐるように、祖父の家ではNECの歴代パソコンの名機「PC-98」が映り込むシーンも。「監督がブランドの想いを100%理解してくれたからこそ実現した」と田神さん。デニムづくりに没頭する祖父の姿も、NECが貫いてきたクラフトマンシップと重ねて描いている。

監督の白石剛浩さんが全編にわたりこだわったのが、「会話を通して人間味を出す」ということ。主人公のユキ役は「不器用だが意志の強さを感じさせる正直者」というイメージに当てはまる人物を探した結果、行き着いたのがBiSHのメンバーであるアユニ・Dだった。「求めていたのは芝居としての上手さではなく、視聴者が共感する人間味や温度感。どんな役者が演じるよりも、若者の葛藤を表現していてリアリティがあった」と、その理由を語る。

動画は2月7日にWeb上で公開。社内外の評判も上々で、社内からは「LAVIEというブランドを誇らしく感じた」という声もあがっている。「自分を否定するのではなく、他者と比べるのではなく。外部からの心地よい刺激を受けながら、自分自身と向き合ってほしい。そのハブになるのがPCであり、毎日の日々や生活に寄り添いながら、何かしらの気付きや学びを与えるきっかけになれば。そんな『LAVIE』ブランドの想いを表現したストーリーになっています」(田神さん)。

「C’EST LA VIE」完成までの流れ

NECパーソナルコンピュータとCONNECTIONの打ち合わせ
⬇︎
プレゼン
ディスカッション
⬇︎
ブラッシュアップ
⬇︎
コンテで再プレゼン
ディスカッション
⬇︎
最終案を決定
⬇︎
撮影
⬇︎
試写・完成

CONNECTION
白石剛浩さん

CONNECTION
Timoさん

NECパーソナルコンピュータ
コンシューマー事業本部
マーケティング部
マネージャー
田神千津子さん

NECパーソナルコンピュータ
コンシューマー事業本部
マーケティング部
部長
越智道夫さん

白石剛浩(しらいし・たかひろ)

自主制作映画からキャリアをスタート。ダイナミックな映像演出と日本人離れした色彩センスを用い、MV・CM・Web・ドキュメンタリーなどジャンル・手法にとらわれず活躍の場を広げている。
  • 企画制作/CONNECTION+ピラミッドフィルム
  • 演出+脚本/白石剛浩
  • Pr/河野将太
  • PM/花輪秀
  • 撮影/光岡兵庫
  • 照明/高橋朋裕
  • 美術/福島奈央花
  • 編集/瀧田隆一(オフライン)、八十島崇行(オンライン)
  • 音楽/氷室良晃
  • MIX+MA/戸村貴臣
  • ST/武久泰洋
  • HM/貝谷華子
  • 特殊造形/メイクアップディメンションズ
  • CRD/小山祐司
  • CAS/森正祐紀
  • ロケ地・スタジオ/岡村織物、プラネアール青梅スタジオ、西新宿マンションスタジオ
  • 出演/アユニ・D、イマムラキョウカ、仲義代、Alex J.D

今回制作されたムービーは、NECパーソナルコンピュータのYouTube公式チャンネルで公開中です。

https://youtu.be/PAkxwkm9h0c

広告企画 の記事一覧

若者の自己肯定感を高めるメッセージ クラフトマンシップへの熱量も表現(この記事です)
DXを推進 デザイン組織のサステナビリティを高める
環境にやさしい日常で使える電動スクーター
「e-block」でいつでもどこでも電気を使える社会に
楽天グループの進化をデザインで支える組織に
福岡に新オフィス開設、広告や地域創生のクリエイター募集
ボトムアップで事業成長に寄与する「動かすデザイン」
デジタルとグラフィックの融合が生み出す新しい力
ブランドや地域のストーリーを体現した体験デザイン
コンテンツも組織の在り方も「楽しい」を答えに。
同じ志を持つクリエイターが自然発生的に集まる「村」のような場に
カルチャーを軸に広告の枠を超えたコンテンツを若年層へ届ける

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る