IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

スペシャリストナビ

特機の仕事の実情「カメラマンの意図を汲む力が肝要」

毛利隆治(NKL)

ブレーンのCreative Naviのコーナーに多数登場するクリエイターたち。それぞれの職種のスペシャリストたちの、仕事の実像に迫ります。

NKL
第一移動効果部
担当部長
毛利隆治(もうり・たかはる)

特機歴19年、色々なジャンルの撮影現場で奮闘している。

カメラマンの意図を汲む力が肝要

「特機」は、撮影現場で機材を操り、カメラマンが望む画を撮影するためのサポートをする仕事だ。カメラを巨大なクレーンでつり上げたり、タイヤ付きの台車「ドリー」を操ったり、といったことが専門分野。ハリウッドのアクション映画のメイキング映像によく登場する、巨大な撮影機材を操っているのも特機の人々だ。

NKLの毛利隆治さんは、特機の仕事に就いて19年。最近では「西武園ゆうえんち」のCMなどを手がけている。日本映画の時代劇の迫力に魅せられた学生時代。自然と映像の専門学校に進み、卒業後は主にミュージックビデオの制作進行をする仕事に就いた。

「そこで映像制作の全体の流れを学びました。数年働いた頃、とある映画の撮影現場で大きなクレーンを見かけたんです。その迫力に魅了されてしまい、そこから特機という仕事に...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

スペシャリストナビ の記事一覧

特機の仕事の実情「カメラマンの意図を汲む力が肝要」(この記事です)
スタイリストの仕事の実情「言葉と感覚からストーリーを想像する」
フードSTの仕事の実情、フードスタイリングとシズルの間で
照明の仕事の実情「太陽も月もつくれる、だから照明はやめられない」
美術の仕事の実像「大事なのは『素人の目』と『品』」
レタッチャーの仕事の実像「クリエイティビティの増幅器」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る