IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

広告企画

福岡に新オフィス開設、広告や地域創生のクリエイター募集

ジャパネットコミュニケーションデザイン

通信販売事業で知られるジャパネットグループの広告や地域創生事業のクリエイティブ制作に取り組むジャパネットコミュニケーションデザイン。2021年12月には福岡に新オフィスを立ち上げ、約20人のインハウスクリエイターを募集している。

ジャパネットコミュニケーションデザイン動画コンテンツ制作課、グラフィック制作課の社員、執行役員 古賀英朗さん(写真右)。

40名超のクリエイターが働く組織

ジャパネットコミュニケーションデザインにはクリエイティブ部、イベントキャスティング部の2部門があり40名超が所属する。中でもクリエイティブ部では、ジャパネットの企業ブランドの向上に繋がる広告制作、スポーツチームのブランディングや地域創生事業のクリエイティブを手がける。「ジャパネットグループというとテレビ通販のイメージが強いかもしれませんが、私たちは通販番組やチラシの制作は手がけていません。グループ全体の対外的なコミュニケーションをデザインするための組織と位置付けています」と説明するのは、執行役員の古賀英朗さん。制作会社出身で、社内も広告業界出身者が半数以上を占める。

今回募集するのは、広告制作の経験があるプランナーやプロデューサー、アートディレクターのほか、VRなどのテック領域を専門とするクリエイターなど。加えて、ジャパネットのグループ会社であるJリーグのV・ファーレン長崎、Bリーグの長崎ヴェルカのブランディングやあらゆるクリエイティブを担う人材だ。近いうちに全体で20名規模の増員を目指す。

これまでの実績として、2021年9月には西川美和監督による企業CMを公開した。スポーツ関連では、長崎ヴェルカのホームゲームの開幕戦にパノラマティクスとともにプロジェクションマッピングの演出も手がけている。2024年に長崎市内に開業予定の「長崎スタジアムシティ」プロジェクトも進行中で、そのクリエイティブ全般を手がけていくことになる。さらに長崎では地場の企業広告制作をサポートしている。

勤務地は福岡の中心地にある「天神ビジネスセンター」。2021年12月に新オフィスを開設したばかりだ。「U/Iターンで就職先を探しているクリエイターはもちろん、地方都市のクリエイティブのレベルを高めることで地域の活性化に貢献したい人、インハウスならではの事業拡大のスピードを体感しながら変化を楽しめるような人と働きたいと考えています」。

近年、グループの新事業はクルーズ、水の製造、クレジットカードなど多岐にわたる。これらのデザインマネジメントやツールの制作にとどまらず、クリエイティブの視点で事業間のシナジーを生み出し、お客さまに新たな体験を提案することもミッションだ。「さまざまな事業を融合させ、スピード感をもってお客さまに豊かで楽しい時間を提供する。そんな本質的なクリエイティブを生み出すチャレンジをしたい、という人のエントリーを待っています」(古賀さん)。なお、採用サイトには「ジャパネット仲間」と検索するとアクセスできる。

2021年9月には西川美和監督による企業CM「Goods for you.〜勝ち負けではない価値篇〜」を公開。

長崎ヴェルカのホームゲーム開幕戦でのプロジェクションマッピングの演出。

広告企画 の記事一覧

環境にやさしい日常で使える電動スクーター
「e-block」でいつでもどこでも電気を使える社会に
楽天グループの進化をデザインで支える組織に
福岡に新オフィス開設、広告や地域創生のクリエイター募集(この記事です)
ボトムアップで事業成長に寄与する「動かすデザイン」
デジタルとグラフィックの融合が生み出す新しい力
ブランドや地域のストーリーを体現した体験デザイン
コンテンツも組織の在り方も「楽しい」を答えに。
同じ志を持つクリエイターが自然発生的に集まる「村」のような場に
カルチャーを軸に広告の枠を超えたコンテンツを若年層へ届ける
流行り廃りのない本質的なクリエイティブで社会課題を解決
新しい共感を生む創訳(トランスクリエーション)がもたらす価値
60周年で新VI シンフォニーのように共創から体験価値を生む
主役はあくまでアーティスト コンセプトに共鳴し生まれたコラボ
第17回ピンクリボンデザイン大賞 受賞作品発表
「一発撮り」を共通項にコラボ アーティストとの共創プロジェクト

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る