IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

「2121年 Futures In-Sight」展ほか展覧会情報

多様な未来のかたちをプロトタイプする試み

「2121年 Futures In-Sight」展

世界的なパンデミックを体験した私たちは、生活様式やコミュニティのあり方、コミュニケーション手法に始まり、考え方や価値観など、あらゆるものが劇的に変化していく様子を目の当たりにしている。それはいかに「未来」が未知なものであるかを強く実感させる機会でもあった。

そんな「未来」を考える行為を柱とする展覧会が開催中だ。ディレクターを務めるのは、テクノロジーが人類の文化やライフスタイルをいかに変えるのか、その未来を見据えた数多くの書籍や雑誌を手がける編集者の松島倫明。

本展では、「Future Compass(未来の羅針盤)」というツールをきっかけとして、100年後の未来を思い描くだけでなく、現在を生きる私たちに内在する未来への視座を、デザイナーやアーティスト、思想家、エンジニア、研究者など、多様な参加者たちと可視化していく試みでもある。その姿勢は、明日を創造するための豊かな洞察力(Insight)を養う機会となるはずだ。

「Future Compass」(デザイン:上西祐理/撮影:秋山まどか)

PARTY「バック(キャスト)します」

佐藤 卓「duct Circulating Pro」

「2121年 Futures In-Sight」展

開催中、2022年5月8日まで 21_21 DESIGN SIGHT[東京・港区]
10時~19時(入場は閉館時間の30分前まで)※入場予約制の可能性あり
休館日:火曜(12月21日、2022年5月3日は開館)、12月28日~2022年1月4日
観覧料:一般1200円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
◇お問い合わせ→21_21 DESIGN SIGHT 03-3475-2121
※15人以上は各料金から200円引き。
※障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1人は無料。
※館外での入場券販売は行っておりません。
※開館時間、休館日、入場料は、プログラムによって変更する場合がありますので、あらかじめご確認ください。
※ご来館に際しては、公式ホームページをご一読の上、ご理解、ご協力を賜りますようお願いいたします。

http://www.2121designsight.jp/program/2121/

東西の美の“循環”を約150点の作品で紹介

めぐるアール・ヌーヴォー展 モードのなかの日本工芸とデザイン

フランス語で「新しい芸術」を意味するアール・ヌーヴォー。実はその源泉となったのは、遠く離れた日本の美術=ジャポニズムだった。一方の日本では、多くの美術家たちが...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」ほか展覧会情報
「2121年 Futures In-Sight」展ほか展覧会情報(この記事です)
カンヌ&スパイクス ヤングコンペ出場者決定
オープン・スペース2021 ニュー・フラットランド ほか今月の展覧会
民藝の100年、深堀隆介展ほか展覧会情報
オリィ研究所「分身ロボットカフェ」などグッドデザイン大賞に
ACC 2021「THE FIRST TAKE」グランプリ4冠
デザインコミッティーの人々とその軌跡、喜多俊之展ほか展覧会情報
ADCグランプリ決定 佐藤可士和「佐藤可士和展」
ぎこちない会話への対応策、和田誠展ほか展覧会情報
SANAA展「環境と建築」、ロニ・ホーン展ほか展覧会情報
杉浦非水 時代をひらくデザイン、庵野秀明展ほか展覧会情報
第41回「新聞広告賞」第一生命によるマラソン大会の応援広告に大賞

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る