IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

カンヌ&スパイクス ヤングコンペ出場者決定

カンヌ&スパイクス ヤングコンペ/世界のクリエイティブがやってきた!

「世界のクリエイティブがやってきた!2021」展のイメージビジュアル。

2022年1月開催のヤングスパイクス、5~6月開催のカンヌヤングライオンズの日本代表チームを選出する国内審査会が行われ、それぞれ代表が決定した。いずれも1990年1月31日以降生まれのクリエイターが出場できる、若手向けのコンペとなっている。

B2B部門の新設、eコマース部門の刷新などを11月に発表した2022年のカンヌライオンズは現地開催が予定されているが、ヤングコンペはいずれもオンライン開催となる。ヤングスパイクスは2チームが出場できる運びとなった。シルバー以上の結果は図表のとおり。

デジタル・PR・メディアの各部門はゴールド受賞の1チームがヤングカンヌ、シルバー受賞の2チームがヤングスパイクスに出場する。フィルム・プリント・デザインの各部門はゴールド受賞の1チームがヤングカンヌに出場する。インテグレーテッド部門は、ゴールド受賞の2チームがヤングスパイクスに出場する。

対象となったのは、1990年1月31日以降生まれのクリエイター。2021年度がイレギュラーの実施だったため、年齢制限がヤングスパイクス開催時点で31歳までに緩和された。2023年度以降は従来どおり、30歳以下のみの出場となるという。国籍は問わず、2人1組で出場する。

応募総数はデジタル部門45作品、フィルム部門29作品、PR部門102作品、メディア部門59作品、プリント部門63作品、デザイン部門36作品、インテグレーテッド部門45作品だった。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」ほか展覧会情報
「2121年 Futures In-Sight」展ほか展覧会情報
カンヌ&スパイクス ヤングコンペ出場者決定(この記事です)
オープン・スペース2021 ニュー・フラットランド ほか今月の展覧会
民藝の100年、深堀隆介展ほか展覧会情報
オリィ研究所「分身ロボットカフェ」などグッドデザイン大賞に
ACC 2021「THE FIRST TAKE」グランプリ4冠
デザインコミッティーの人々とその軌跡、喜多俊之展ほか展覧会情報
ADCグランプリ決定 佐藤可士和「佐藤可士和展」
ぎこちない会話への対応策、和田誠展ほか展覧会情報
SANAA展「環境と建築」、ロニ・ホーン展ほか展覧会情報
杉浦非水 時代をひらくデザイン、庵野秀明展ほか展覧会情報
第41回「新聞広告賞」第一生命によるマラソン大会の応援広告に大賞

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る