IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

デザインコミッティーの人々とその軌跡、喜多俊之展ほか展覧会情報

領域を超えて生まれたデザイン運動の原点

戦後デザイン運動の原点─デザインコミッティーの人々とその軌跡

戦後日本のデザイン運動の先駆けとして創立された「国際デザインコミッティー」(現・日本デザインコミッティ-)の活動と、メンバーの交流に焦点をあてた企画展。

建築家の丹下健三や清家清、デザイナーの剣持勇、柳宗理、評論家の勝見勝、写真家の石元泰博、画家の岡本太郎ら個性豊かな創立メンバーの交わりから派生したデザインや建築における「サロン」としての役割にも注目し、日本のミッドセンチュリーを代表するプロダクトデザインとそのエピソードも紹介している。交流を通じてデザイン・建築・美術など領域を軽々と横断していく自由さは、転換期といえる今の時代を突破する糸口となるだろう。

「グッドデザインコーナー」のための選定会風景、1955年頃 左から、吉阪隆正、鹿子木健日子、剣持勇、渡辺力、瀧口修造、岡本太郎、柳宗理
写真提供:日本デザインコミッティー

柳宗理《バタフライスツール》(初期型)1956年、柳工業デザイン研究会蔵

丹下健三計画研究室(制作:神谷宏治+日大川岸研究室)《香川県庁舎(1958年)模型》2013年、香川県立ミュージアム蔵

岡本太郎《建設》1956年、川崎市岡本太郎美術館蔵

戦後デザイン運動の原点ーデザインコミッティーの人々とその軌跡

開催中、2022年1月16日まで 川崎市岡本太郎美術館[神奈川・川崎市]
9時30分~17時(入場は閉館時間の30分前まで)
休館日:月曜(2022年1月10日は開館)、11月4日・24日、12月29日~2022年1月3日、1月11日
観覧料:一般1000円(800円)、高大生・65歳以上800円(640円)、中学生以下無料
◇お問い合わせ→川崎市岡本太郎美術館 044-900-9898
※()内は20名以上の団体料金です。
※開催期間等は変更になる場合がございます。最新情報はサイトにて。

https://www.taromuseum.jp/

現在、そして未来に続く「素敵な暮らし」への願い

喜多俊之展 TIMELESS FUTURE

有機的なフォルムと人間の動きに寄り添うようにパーツを動かせる機能性を持つ椅子《WINK》や、家庭用テレビとして身近な存在になることをテーマにデザインされた《AQUOS C-1》など、自由な感性に溢れるデザインで知られるプロダクト・デザイナー、喜多俊之の展覧会が開催中。

時代を予見する新しいデザインを生み出す一方で、手漉きの美濃和紙を用いて和紙の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

デザインコミッティーの人々とその軌跡、喜多俊之展ほか展覧会情報 (この記事です)
ADCグランプリ決定 佐藤可士和「佐藤可士和展」
ぎこちない会話への対応策、和田誠展ほか展覧会情報
SANAA展「環境と建築」、ロニ・ホーン展ほか展覧会情報
杉浦非水 時代をひらくデザイン、庵野秀明展ほか展覧会情報
第41回「新聞広告賞」第一生命によるマラソン大会の応援広告に大賞
ART-BOOK:絵画性と複製性、春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46ほか展覧会情報
葛西薫展、日本のパッケージ 縄文と弥生のデザイン遺伝子ほか展覧会情報
クリエイター56組が参加 10年間に制作されたブックジャケットを竹尾 見本帖本店に展示
「北斎づくし」「藤原大」展ほか展覧会情報
オリンピック・ランゲージ、私の好きなデザイン2021ほか展覧会情報
毎日広告デザイン賞 広告主参加作品の部は近畿大学に最高賞
KAWS展、キース・ヘリング展、ルール?展の展覧会情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る