IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

「スポーツ」を越えて「日常」へ

千葉ジェッツふなばし リブランディングプロジェクト

B.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」は6月7日、リブランディングの実施を発表した。設立から11年目を迎え、装い新たに「100年続くクラブ」を目指す。

「千葉ジェッツふなばし」のリブランディングコンセプトムービー。竹田芳幸さんのもと、スポーツのクリエイティブに強いメンバーが集まって制作された。

「すべての時間をジェッツ色」に

今年6月1日に開催された「日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21」で優勝を果たし、現在日本一の男子プロバスケットボールチームが「千葉ジェッツふなばし」だ。設立10周年を目前にした2018年頃から、リブランディングの実施について議論がされてきた。

「選手やスタッフ、ブースター(ファン)などへのヒアリングを重ねてきました。その中で見えてきたのが、良い意味でスポーツの枠に収まらず、日常の中のエンターテインメントとして千葉県の人々に溶け込む千葉ジェッツの姿。その姿に近づくために、チームの在り方や見せ方を再定義する必要がありました」と千葉ジェッツふなばしのアートディレクター 新井匠さんは説明する。

新たに制定したスローガンは「PAINT IT JETS」。「千葉ジェッツに関わるすべての人の、すべての時間をジェッツ色に染めていく」という意思が込められている。「以前はフォントやカラー、ロゴの設定も出面によってバラバラな節があって。より多くの方々に浸透させていくために、デザイン面の整理は必須だと考えました」と新井さん。そこでロゴやブランドカラーを刷新し、オリジナルフォントも制定した。それらはすべて、新井さんをはじめとした社内のデザインチームで内製したものだ。

ロゴの三角形の形状は、千葉ジェッツを構成する「ブースター」「パートナー・地域」「チーム」という三者を表現。左上が「C」、残りの部分が「J」を示し、「J」の終点の右肩上がりの...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UPの記事一覧

PICK UPの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る