IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

「北斎づくし」「藤原大」展ほか展覧会情報

孤高の天才絵師、北斎の多彩な側面づくしの空間

生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

90歳で没するまでの70年にわたり、森羅万象を描き抜こうと挑戦を続けた絵師、葛飾北斎。生誕260年を記念した特別展がコロナ禍による延期を経て開催中だ。

『北斎漫画』『冨嶽三十六景』『富嶽百景』の全ページ、全点、全図が一堂に会する前代未聞の本展で会場デザインを手がけるのは、北斎を敬愛し、フランス国立グラン・パレ美術館での「北斎展」会場デザインも担当した建築家の田根剛。キービジュアルや会場グラフィックは、『北斎漫画』(青幻舎)を手がけた祖父江慎。それぞれ本展のコンセプトである「尽くし」をテーマに、北斎の魅力を最大限に引き出している。

展示解説は日本美術を主な領域とするライター・エディターの橋本麻里が担当。展示には、凸版印刷が本展のために新たに取得した、和紙の繊維まで確認できるほどの高精細データも活用される。過剰なほど多彩な“北斎づくし”の空間は必見だ。

建築家・田根剛氏による『北斎漫画』展示プラン(イメージは構想段階のものです)

葛飾北斎『北斎漫画』十二編 浦上満氏蔵

「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」デジタルデータの拡大イメージ:山口県立萩美術館・浦上記念館(浦上コレクション)©凸版印刷株式会社

生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

(前期)開催中、8月9日まで(後期)8月11日~9月17日 東京ミッドタウン・ホール[東京・港区]
11時~19時(入場は閉館時間の30分前まで)※事前予約制(日時指定券)
休館日:8月10日・24日、9月7日
観覧料:大人1800円、大学・専門学校生1200円、高校生・小中学生900円
◇お問い合わせ→ハローダイヤル 050-5542-8600
※最新情報は展覧会公式サイトでご確認ください。

https://hokusai2021.jp/

マチエールの比較から捉える連続階調の意義

フォトグラフィック・ディスタンス-不鮮明画像と連続階調にみる私と世界との距離-

網点ドットによって擬似的な階調が施されたシルクスクリーンなどの写真製版版画に、美的価値が与えられた1970年代。しかし、1980年代に巨大サイズでありながら粒子がアレることのない高精細写真プリントが...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

「北斎づくし」「藤原大」展ほか展覧会情報(この記事です)
オリンピック・ランゲージ、私の好きなデザイン2021ほか展覧会情報
毎日広告デザイン賞 広告主参加作品の部は近畿大学に最高賞
KAWS展、キース・ヘリング展、ルール?展の展覧会情報
田中良治「光るグラフィック展0」、ファッション イン ジャパンほか展覧会情報
Libresse「#wombstories」などONESHOW、D&ADでも栄冠
第61回クリオ賞 「Pocky THE GIFT」デザイン部門最高賞に
クリエイター・オブ・ザ・イヤー発表 眞鍋亮平氏ら表彰
片山利弘、久保田成子展など展覧会情報
MUCHA、木村裕治展ほか展覧会情報
TDCグランプリは松本弦人 『日本国憲法』のブックデザイン
「SPIKES ASIA 2021」仙台うみの杜水族館がグランプリをW受賞
「あやしい絵展」「アイノとアルヴァ」ほか展覧会情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る