IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

EDITOR'S CHECK

東京2020大会 オリンピック・パラリンピック表彰台ほか、注目のデザインの裏側

TOOL
東京2020大会 オリンピック・パラリンピック表彰台

  • D/野老朝雄
  • 3Dプリンティング統括/田中浩也
  • プロジェクトマネージャー+ディレクター/平本知樹

東京2020組織委員会は6月3日、東京2020大会の表彰式で使用する表彰台や楽曲、メダルトレイなどをお披露目した。そのうち、表彰台のデザインを担当したのが東京2020エンブレムを手がけた野老朝雄さんだ。エンブレムのコンセプト「組市松紋」を応用したパターンを立体化したもので、20センチ四方に3Dプリンティングされたパネルを6個並べ、1辺あたり1メートル20センチのユニットで構成されている。

「中央部(金メダリスト)はこのユニットを2段重ね、上段を外すと金・銀・銅が同じ高さに。パラリンピックでも同じ表彰台を使用できるよう配慮されており、団体競技の場合はピースを追加して横に延ばすことで展開できるよう計画されています」(野老さん)。なお、使用時の新型コロナウイルスの感染対策については現在検討がなされている。

表彰台の素材は、国内で回収した使用済みプラスチックと海洋プラスチックを一部活用した。P&Gジャパンでは2019年6月から9カ月間かけて24.5トンの使い捨てプラスチックを店頭や小学校などから回収。これらをもとに98台の表彰台が完成した。慶應義塾大学環境情報学部の田中浩也教授が3Dプリンティングの統括を行い、同研究室出身の平本知樹さん(wip 代表)がプロジェクトマネージャー兼ディレクターとして実作業を進めていった。

今回、特に難航したのが回収した色とりどりのプラスチックから藍色を生み出すという工程だ。プラスチックの顔料を扱うスター色素工業で何十パターンも試した。なおかつ藍色をプロダクト化すると角度や照明の当たり方によって色の見え方が変化する。屋内・屋外問わず、日中の自然光でも夜間の照明でも常に藍色が出るよう、3Dプリントの特性も考慮した凹凸のあるデザインとした。

「アスリートの皆さんがこの台の上にのぼって初めて完成します。次の世代に繋がる、サステナブルな未来を考えるきっかけになれば。同時に、今回、田中先生や平本さんたちが取り組んでいるような新しい先端技術の研究に国としてもっと投資がなされ、次の世代で定着するビジネスが生まれる契機になれば嬉しいです」と野老さんは話している。

BOOK
安西カオリ『ブルーインク・ストーリー ―父・安西水丸のこと―』

(新潮社)

  • 装丁/田中愛子(新潮社装幀室)

安西水丸さんの長女 安西カオリさんのエッセイ集『ブルーインク・ストーリー ―父・安西水丸のこと―』が4月、新潮社より発売された。私家版『さざ波の記憶』を増補改訂した決定版だ。表1を飾るのは、水丸さんが青色の万年筆で描いた灯台のイラスト。しなやかで手に馴染む仮フランス装の本を開くと、青色の本文が目に飛び込む。スケッチと本文ともに...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S CHECK の記事一覧

東京2020大会 オリンピック・パラリンピック表彰台ほか、注目のデザインの裏側(この記事です)
「純情産地いわて」ブランドロゴほか、注目のデザインの裏側
貝印「紙カミソリ」ほか、注目のデザインの裏側
味の素AGF「Work Design Coffee」ほか、注目のデザインの裏側
鹿島アントラーズ クラブ創設30周年記念ロゴほか、注目のデザインの裏側
明治「チョコレート大作戦」限定パッケージほか、注目のデザインの裏側

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る