IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

BOVA

第8回BOVA 審査員講評

今回で8回目の開催を迎えた「Brain Online Video Award(BOVA)」の受賞作品が決定しました。
審査員の皆さんから講評をいただきました。また、受賞作品・ファイナリスト作品の動画は、公式サイトでご覧いただけます。

木村健太郎
今回で審査員を引退する佐々木さんと私はなんと今年で8年目らしい。振り返ると初期のBOVAはオンラインフィルムの黎明期で、一般部門はCMの作法からどう逸脱するかの実験的な映像が上位を占めていたのが、バイラルムービーやYouTuberの作法を追究する時代を経て、今年は手法の斬新さよりも、アイデアとストーリーとクラフトで真っ向勝負する王道の映像コンテンツが上位を占めました。この8年間の受賞作を時系列で見るときっと面白いと思います。


佐々木康晴
BOVA審査も8年目に。オンライン動画は、媒体は安いが当たれば大きく拡散できる、というところから注目が始まり。その後、制作費の減少、効率重視の似たような動画の乱立、AI動画自動生成、など色んなことにも翻弄されつつ。でも、人の感情を大きく揺り動かせる動画は、再びそのストーリー性やクオリティに立ち返る。そんな気がする今年でありました。大事な部分は守り、まだ見ぬ手法の開拓へ。これからも楽しみにしています!


たじまなおこ
コロナ禍でクリエイターにとって、もんもんとした一年だったはずなのに、意外と表現の幅が大きかったことに驚きました。ただ、拡散や...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

BOVAの記事一覧

BOVAの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る