IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

ポーラの新聞広告「ひとりの女の子を変えた、ひとりの女性の話。」

ポーラ/企業広告
「国際女性デー」
新聞

ドキュメンタリーに客観は存在しない、と言われます。伝え手が存在する以上、主観は拭えない。だからこそ、葛藤があります。事実の強さを、どう純度高く伝えられるか。今回の国際女性デーの新聞広告もそうです。ポーラの小田原香衣さんの考えや活動自体が素晴らしいものでした。

正しく、深く伝わる。そのために多くの時間を割きました。飾りすぎない。語りすぎない。伝え手が主張しない。CD 原野守弘さんと共に推敲を重ねました。ご本人への幾度ものインタビュー、徹底したファクトチェックなど、考えられうる検証も入念に行いながら。3月8日、この広告に触れたことで。一人ひとりの「何か」が変わった、一人の女性の話であったなら幸いです。
(ライトパブリシティ コピーライター山根哲也)

  • 企画制作/ライトパブリシティ+もり
  • CD/原野守弘
  • C/山根哲也、スコット レーマン
  • AD/福永武士、浅葉球
  • I/MACCIU
  • プロジェクトマネージャー/清水素子
  • Pr/安田あゆみ
  • ECD/杉山恒太郎
  • 掲載/日経(3/8)

UP TO WORKSの記事一覧

UP TO WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る