IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

企業の意志を伝える ブランデッドコンテンツ

ターゲットとの接点を増やし認知度向上のきっかけに

宮島醤油「美味しいは幸せの調味料だ」孫篇、祖母篇

佐賀県唐津市に本社を置く宮島醤油は、1882年創業の調味料・加工食品メーカーだ。今年1月19日、同社初となるブランデッドムービーが公開された。

宮島醤油のブランデッドムービー「美味しいは幸せの調味料だ~孫篇」「同~祖母篇」。

社是「去華就実」を軸に動画を制作

動画の主人公は、交通事故で両親を亡くした少年と、女手ひとつで彼を育ててきた祖母。会話は少なくとも、少年は祖母の料理が大好きだった。時は過ぎ、社会人になった少年。食卓には変わらず毎晩祖母の料理が並ぶが、忙しさのあまり、いつしか夕飯を食べなくなってしまう──。祖母と孫の変わりゆく状況、変わらない関係性を、それぞれの視点から描いた。

宮島醤油 経営企画室 係長 藤原麻紀子さんは制作に至った背景を「当社では飲食店向けの業務用商品やOEMなどで、食品業界ではある程度認知していただいています。一方で、若年層を中心とした、全国的な知名度の低さを課題に感じていました」と話す。そんな時、ブランデッドムービー制作の提案を受けたのだった。

「まずはどんな人に宮島醤油という存在を認知してもらいたいか、ターゲットとなるペルソナの設定をし、そこから動画を制作していきました」と、提案したポニーキャニオンの経営本部エリアアライアンス部 部長 村多正俊さんは話す。メインターゲットは...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の意志を伝える ブランデッドコンテンツの記事一覧

企業の意志を伝える ブランデッドコンテンツの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る