IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

企業の意志を伝える ブランデッドコンテンツ

「変わらずそこにいる」 ブランドの価値を伝える物語

エポック社/シルバニアファミリー「Forever Your Family」

1985年に生まれたシルバニアファミリーは、2020年に35周年を迎えた。それを記念し、同11月にグローバルブランドムービー「Forever Your Family」を公開。シルバニアファミリーの世界に迷い込んだ女の子と、フレアという名のショコラウサギとの友情を描いた動画だ。

エポック社「シルバニアファミリー」のグローバルブランドムービー「Forever Your Family」。BGMは、なんとオーケストラ演奏。

大人のファンの顕在化がきっかけに

女の子とフレアは、一緒にオムライスを食べたり、メイクをしておそろいのお花のブローチをつけてみたり、絵本を読んだりして楽しい時を過ごす。でも少しずつ年を重ねた女の子は、いつしか大人びた表情に。夕暮れの中、ついにフレアの元を去ってしまう……。時は経ち、またフレアの元を訪れる人が。それは笑みを浮かべる男の子だった。その後ろから現れたのは、お母さんと思しき女性。女性は、胸にあの日のブローチを飾って見せる──。シルバニアファミリーで遊んだ時間を思い出させる動画は、SNSを中心に大きな反響を呼んだ。

この動画のプロジェクトチームのひとり、エポック社 マーケティング部 小野百合子さんは、制作の背景をこう話す。

「元々子ども用のおもちゃとしての側面が強かったシルバニアファミリーですが、30周年を迎えた頃から徐々に、InstagramなどのSNSを中心に、大人のファンの方々が顕在化してきました。2018年3月から全国で開催している『シルバニアファミリー展』でも、親子連れだけではなく、若い女性の方々が増えてきて。昔遊んでくれていた方々に改めてシルバニアファミリーのことを思い出してもらいたい、そして改めてブランドの価値を訴求していきたいと考え、35周年の企画を大々的に実施することにしました」。

その一環で制作されたのが、今回のブランドムービーだ。「普段ブランドと接点のある人以外とも、出会いのきっかけを設けたい」と考え、SNS上で拡散される可能性の高い、ブランドムービーを制作することになった。

ブランドの3つの価値を伝える

動画制作において注力したのは、シルバニアファミリーの3つの価値が伝わるもの...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の意志を伝える ブランデッドコンテンツの記事一覧

企業の意志を伝える ブランデッドコンテンツの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る