IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

QUESTION

春になると思い出す、新人時代の出来事は?

あの人はどう考えているの?質問に対して、複数のクリエイターに回答していただくコーナーです。

新鮮な埃

犬の毛が落ちてる。貴重な本が山のように積まれてる。床に足の踏み場がない。初めて入社した会社コズフィッシュは、ごみとお宝がごちゃまぜになった場所。明らかにごみと思われるものを捨てて積もった埃をはらうのが、入社してすぐのわたしの毎朝の習慣でした。それがいつのまにか、いくら散らかってても素通りで目の前の仕事に向かう日々。春がくるとまたちょっときれいにしようと頑張るんだけど、一度慣れてしまうとなかなか。

コズフィッシュ
アートディレクター/デザイナー
脇田あすか(わきだ・あすか)


初任給

資生堂に入社すると、1カ月の新人研修を経て5月の連休明けに銀座のデザイン室に配属された。やることといえば、ひたすら資生堂書体というオリジナル書体の手描きによる練習。来る日も来る日もそればかり、あまりの退屈さに、ふと思いついたのが母の日のプレゼント。初任給で買った森英恵の長財布を実家の母に送った。それから32年、母がその財布を使っている姿を一度も見ていない。いまどこに?春が来るたびに、ふと思い出す。

資生堂
クリエイティブ本部 エグゼクティブクリエイティブディレクター
小野健(おの・たけし)


あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

QUESTION の記事一覧

春になると思い出す、新人時代の出来事は?(この記事です)
作業時のお気に入りのBGMは?
2021年、あなたの験担ぎアイテムを教えてください。
今、オススメしたい 映画・映像作品は?
2020年、あなたにとって最大のニュースは?
あなたの「冬支度」を教えてください。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る