IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

戸建て購入を企てる妻と座敷童子の『共犯』関係

オープンハウス/座敷童子「登場」篇、「耳打ち」篇

オープンハウスは1月8日、新CMシリーズを放映開始した。妻と座敷童子、そして夫の不思議な関係性が描かれる。

オープンハウスの店頭などに掲出されたグラフィック。

一歩商品に歩み寄った企画

CMの主人公は、戸建てが欲しい妻(戸田恵梨香)。一方、夫(角田晃広)は「無理でしょ……」と悲観的だ。そこに、「わかる。」「俺も広いとこ、住みたいしさあ」と突然現れたのは、座敷童子(松田翔太)。夫の目にはなぜか見えていないらしいその存在は、戸建てに興味津々だ。「一緒に叶えない?戸建て。」と妻をそそのかす。そうして妻と座敷童子との奇妙な“共犯”関係が始まる様子を描いたのが、「登場」篇だ。

オープンハウスの前CMシリーズに続き企画を担当した博報堂 クリエイティブディレクター/CMプラナー 吉兼啓介さんは「前シリーズと同じチームで制作にあたりました。制作上でのチームでの決めごとは、オープンハウスの勢いを示すようなインパクトを生むこと、家を持つことへの夢や希望を語ること、他の不動産会社の広告とは一線を画したものをつくることです」と話す。

前シリーズは、長瀬智也演じる小学生が無邪気に戸建てを持つ「夢」を語る姿が特徴だったが、「今回はそこから一歩商品に歩み寄ったところで企画をした」と、吉兼さん。妻を主役にしたのもそのためだ。「家庭で決定権を持っているのは、やっぱり妻だと自分の実感としても思うんです。これまでのブランド広告から、不動産という商品に近づけて、実需層の方々に届くCMにすることを考えて企画しました」。

戸建てが欲しい妻に対し、あきらめ気味の夫。鍵を握るのはやはり座敷童子だ。「実は以前から、“家”に近い存在として座敷童子の案は考えていて。家が欲しい人にとっての心の支えとなり後押しをしてくれる、相棒のような存在として描けたらと思っていました」。

本来幼い子どもの姿で描かれることが多い座敷童子だが、松田さんが演じる姿はスタイリッシュでどこか色気が漂う。「座敷童子像は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UPの記事一覧

PICK UPの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る