IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

グッドデザイン賞2020 レポート

社会実装できるデザインが飛躍 「交感」によるゲームチェンジのインパクト

審査委員長 安次富 隆×審査副委員長 齋藤精一

国内外から4769件の応募があった2020年度のグッドデザイン賞。今回から新たに審査委員長に安次富隆さんが就任した。前年に続き審査副委員長を務める齋藤精一さんとともに、本年度の審査を総括する。


審査委員長
プロダクトデザイナー
ザートデザイン 取締役社長
安次富 隆(あしとみ・たかし)

ソニーデザインセンターを経て、1991年にザートデザインを設立。2008年から多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻教授。情報機器や家電製品などのエレクトロニクス商品のデザイン開発、地場産業開発、デザイン教育など総合的なデザインアプローチを行っている。

審査副委員長
クリエイティブディレクター
パノラマティクス(旧:ライゾマティクス・アーキテクチャー)主宰
齋藤精一(さいとう・せいいち)

1975年生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、NYで活動開始。2006年にライゾマティクスを設立、2016年よりRhizomatiks Architectureを主宰。2020年組織変更によりPanoramatiksと改め、俯瞰的な視点でこれまでつながらなかった領域を横断し組織や人をつなぎ、仕組みづくりから考えつくるチームを立ち上げる。現在では行政や企業などの企画や実装アドバイザーも数多く行う。2020年ドバイ万博 日本館クリエイティブ・アドバイザー。2025年大阪・関西万博PLLクリエイター。

「交感」が社会にうねりを生み出す

──今回の審査テーマは「交感」でした。2020年度の潮流として感じたことは。

安次富:「交感」とは一方向ではない感情や感覚の行き来を表します。つくり手から使い手への一方的なメッセージではなく、人種や思想、あるいは業界やビジネスの領域などが全く相反する人の気持ちにも耳を傾けて感じ取ることで、何かを得られたり(感得)、思いを至らせる(感思)ことができるような状態です。「美しさ」のように主観的に完結するだけでなく、複数の立場の間で双方向的に成り立つ点が、今の社会において重要なキーワードとなると考えました。口で言うのは簡単ですが、非常に難しいことでもありますね。

齋藤:社会全体の変化のスピードが圧倒的に速くなった2020年の今、コロナ禍の状況にも合っていて非常に意味のあるテーマだったと思います。前年までのテーマであった「美しさ」は状態を表し、「共振」は動詞です。それらを経て「交感」は、どのように社会に「うねり」を生み出しているのか。実際にデザインが社会の中で力を発揮している状態に目を向ける意味でも、さらに次の段階を示す意味でも適切でした。

安次富:新型コロナの影響で応募総数が激減するのではという危惧もありましたが、結果は前年(4772件)とほぼ同じ4769件。コロナ禍の前から準備していないと現れてこないような対象も多数ありました。

齋藤:「社会実装できるデザイン」が増えている、という点も印象的でした。ただ美しいだけでなく、明日から社会の仕組みとして取り入れられる対象が目立ちました。

安次富:その大きな流れのひとつが、SDGs視点の対象が増えたこと。コンパクトなシステムでデザインを磨き上げ、グローバルに展開できる“サーキュラーエコノミー”の取り組みが目立ったのも2020年ならでは。大賞の「WOTA BOX」(WOTA)、金賞の「BRING」(日本環境設計)、「LOOP」(TerraCycle)、「まれびとの家」(VUILD)などは、そのような共通項があります。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

グッドデザイン賞2020 レポート の記事一覧

グッドデザイン 金賞2020 受賞作品一覧
自然や資源とのつながりを把握できるインターフェースをデザインする
社会実装できるデザインが飛躍 「交感」によるゲームチェンジのインパクト(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る