IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

JAGDA 国際学生ポスターアワード、眠り展ほか展覧会情報

グラフィックの未来を担う 次世代のポスターアワード

JAGDA 国際学生ポスターアワード2020

イメージとテキストを融合させたポスターというビジュアルコミュニケーションによる、国境を越えた相互理解と交流を目指して2019年から国際化された「JAGDA 国際学生ポスターアワード2020」が国立新美術館にて開催中だ。

2020年のテーマは「Money」。新型コロナウイルスによる混乱の中、世界23の国と地域から届いた応募作は1980作品。オンラインミーティングによるディスカッションや投票など5回にわたる審査を重ねて選出された入賞25作品、入選205作品が展示されている。

グラフィックデザインの未来を担う次世代の才能を収録した展覧会図録も販売中。

チョウ,ブンキン(多摩美術大学)《Don’t put a price tag on me》

髙田康平(長岡造形大学)《distance》

豊浦小百合(多摩美術大学)《経験は財産》

JAGDA 国際学生ポスターアワード2020

開催中、12月7日まで。 国立新美術館[東京・港区]
10時~18時(入場は閉館時間の30分前まで/最終日は15時まで)
休館日:12月1日 観覧料:無料
◆お問い合わせ→公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA) 03-5770-7509

起きながら見る「眠り」の世界 その表現と可能性

眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで

芸術家たちの創造を駆り立て、美術作品として表現されたさまざまな「眠り」のかたちを国立美術館の所蔵コレクションから読み解く。ルーベンス、藤田嗣治、塩田千春など、古今東西のアーティスト33人の手による約120点が一堂に会する試み。

癒やしや休息だけでなく、夢と現実、生と死、意識と無意識といった相反する価値観のあわいや、迷いながら生きる人間のはかなさなど、問いかけを放つ眠りの表現に迫る。

起きていながらにして「眠り」の世界へいざなうトラフ建築設計事務所による設計デザインや、平野篤史(AFFORDANCE)が手がけるグラフィックデザインも見どころ。また、繰り返される眠りとリンクする形で「持続可能性」をテーマに掲げ、前会期の企画展の壁面の多くを再利用している。

ペーテル・パウル・ルーベンス《眠る二人の子供》1612-13年頃 油彩、板 50.5×65.5cm 国立西洋美術館蔵

饒加恩(ジャオ・チアエン)《レム睡眠》 (展示風景)2011年 3チャンネル・ヴィデオ・インスタレーション(HD、カラー、サウンド)63分42秒 国立国際美術館蔵 ©Chia-En Jao

眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで

開催中、2021年2月23日まで。 東京国立近代美術館[東京・千代田区]
10時~17時(金曜・土曜は20時まで/入場は閉館時間の30分前まで)
休館日:月曜(2021年1月11日は開館)、12月28日~2021年1月1日、1月12日
観覧料:一般1200円(1000円)、大学生600円(500円)、高校生以下無料
※()内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込み
※障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟校の学生、教職員は無料
◆お問い合わせ→東京国立近代美術館 050-5541-8600

160人のクリエイターが手がけた枡のかたち

Creation Project 2020 160人のクリエイターと大垣の職人がつくるヒノキ枡「〼〼⊿〼(益々繁盛)」

日本のものづくり・産業をデザインの力で発信していく毎年恒例のチャリティープロジェクト「Creation Project」が今年も開催。2020年のモチーフとなったのは、穀物の計量に用いられた枡。「増す」や「益す」とも読めることから、縁起物としても重宝されてきた。

木枡の全国生産量の8割を担う生産地・岐阜県大垣市では、枡の多様な使い方を提案しながら現代に通じる価値を伝え続けている。そんな大垣の職人が一つひとつ木を組んだヒノキの枡を160人のクリエイターがデザインし、2カ所のギャラリーで展示・販売する。それぞれの枡は各会場やポンパレモールにて2000円(税別)で購入ができ、販売収益はセーブ・ザ・チルドレンに寄付される。

メインビジュアル

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

JAGDA 国際学生ポスターアワード、眠り展ほか展覧会情報(この記事です)
グッドデザイン大賞は自律分散型水循環システム「WOTA BOX」に
ACC2020 各部門グランプリが決定
「食のグラフィックデザイン」「本城直季 (un)real utopia」ほか展覧会情報
AD STARS 2020結果発表および展覧会情報
首都圏の美術館では12年ぶり 宮島達男の大規模個展ほか
D&AD賞受賞作品発表
JAGDA 新人賞展他 展覧会情報
美術館の新デザイン 瀧本幹也個展 他
「日本のグラフィックデザイン2020」ほかブレーン編集部注目の展覧会
The One Show最高賞はバーガーキング
「de-sport:」他ブレーン編集部注目の展覧会
ニューヨークADC賞発表 最高賞はAirPodsのCM「Bounce」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る