IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

決めては、生活者の視点で議論できる柔軟性と表現力

山本由紀子(日本ペイントホールディングス)



記者会見のように多数並べられたマイクの前で、スーツ姿の多部未華子さんが「はじめまして、日本ペイントです」と頭を下げる。一見馴染みのない「塗料」のイメージを優しく身近に「塗り替えてくれる」テレビCMが10月から放送されている。

総合塗料メーカー「日本ペイントホールディングス」は、約30年ぶりとなるテレビCMを制作した。1月の社長交代を機に新しいコーポレートメッセージとそのロゴを設定し、コーポレートムービーを公開。「塗料の素晴らしさ」を伝えるさまざまな施策を行ってきた。「CMを打つからには中期的に継続し、訴求ポイントをターゲットにしっかり浸透させたいと、タイミングを見計らっていました。おうち時間が増えた今、ペイントの面白さを伝え、明るく楽しい気持ちになってもらえたらと、4月末から本格的に検討を開始しました」と日本ペイントホールディングス 広報部長 山本由紀子さん。

コンペは以前から付き合いのあった広告会社を中心に実施。「どの案も素晴らしく、決めるのが至難の業でした」。最終的には対話を通して、「生活者の視点に立ち、一緒になって脳に汗をかきながら考えてくれる」と感じられるかが決め手に。アプローチ方法や柔軟性を重視し、博報堂プロダクツに依頼した。

「認知度の高い分野...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

決めては、生活者の視点で議論できる柔軟性と表現力(この記事です)
妥協しない姿勢が生んだ信頼と成果につながるCM
商品の魅力を一言で伝えるコピーの力
商品の良さがわかる「心に残る」クリエイティブを
「Disruption」と日本らしいユニークさ
伝えたいことが共有できれば形式的なオリエンもプレゼンもいらない

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る