IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

商品の魅力を一言で伝えるコピーの力

谷口伸一(川商フーズ)



1948年に発売したロングセラー商品「ノザキのコンビーフ」初となるテレビCMが7月13日から2週間にわたって放送された。お弁当のメニューに悩むお母さんをコンビーフが手助けするシーンを描いた「お弁当」篇と、お父さんがつくった“キャンプ飯”を家族で囲む様子を描いた「キャンプ」篇の2篇が展開されている。

発売元である川商フーズは、今年の3月、約70年間使用してきた「巻き取り鍵」を特徴とするコンビーフのパッケージ、枕缶をリニューアルした。そのニュースと、これまでの感謝を伝えるべく制作したのが、今回のCMだ。オリエンテーションでは、ターゲットやトーンに関する要望は出さず、幅広い企画を求めたという。そして、複数社からの絵コンテによるプレゼンを経て、企画を決定した。実際に使われているコピー「使えるね、ノザキのコンビーフ。」が、決め手のひとつだったという。

食品流通部 常温食品グループ長 谷口伸一さんは、「このコピーには、『パッと使える』『ふたが開けやすくなった』『賞味期限が延びた』という3つの『使えるね』が込められています。パッケージをリニューアルし、より使いやすくなったコンビーフの魅力を分かりやすい言葉で表現していました。普段から愛用してくださっているお客さまに...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

商品の魅力を一言で伝えるコピーの力(この記事です)
商品の良さがわかる「心に残る」クリエイティブを
「Disruption」と日本らしいユニークさ
伝えたいことが共有できれば形式的なオリエンもプレゼンもいらない
社内クリエイターと制作会社で膝を突き合わせて企画を考える
大和ハウス工業らしいユーモアのあるテレビCM

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る