IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

商品の良さがわかる「心に残る」クリエイティブを

池上由香(ハンモック)



法人向けソフトウェアメーカーのハンモックは、同社初となるテレビCM、電車内デジタルOOH、タクシーアドを展開した。CMは、クラウド名刺管理ツール「ホットプロファイル」と、総合ITセキュリティサービス「Asset View」の2種類を制作。生瀬勝久さんが主演を務め、「ホットプロファイル」では、「ホット」という言葉に敏感な営業部長を「Asset View」では、情報漏洩をした社員たちにジャンプで飛び込み土下座をされる部長を、コミカルに演じている。

これまで、リスティング広告やイベント出展などを中心に新規顧客を開拓してきたハンモック。しかし、ホットプロファイル、Asset Viewともに、明確な競合が存在し、比較検討される際に認知度がネックになる場面があった。そこで、「今まで取り組んだことのないプロモーションで認知度を高めたい」と、CM制作を決めた。

当初は「右も左もわからなかった」というハンモック GLUE事業部 営業戦略 池上由香さんは、複数の広告会社や制作会社に広く企画を求めた。オリエンテーションで伝えたのは、プロモーション対象となる商品と「CMを軸に展開する」ことだけ。絵コンテによる競合プレゼンで提案された約50案は、バラエティに富んだものだったという。

その中から10案に絞り込み...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

商品の良さがわかる「心に残る」クリエイティブを(この記事です)
「Disruption」と日本らしいユニークさ
伝えたいことが共有できれば形式的なオリエンもプレゼンもいらない
社内クリエイターと制作会社で膝を突き合わせて企画を考える
大和ハウス工業らしいユーモアのあるテレビCM
小学生が反応しなければ社会も反応しない

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る