IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

「適切な場所で適量をつくり、適切な人に届ける」 製造業の新スタンダード

田中浩也(慶應義塾大学)

新型コロナウイルス感染症の直撃を受け、ダメージを受けた世界のサプライチェーン。医療・介護現場の必需品を、3Dプリンタで製造する動きが広まった。コロナ危機をきっかけに、新しい製造業が勃興しつつある。

3Dプリンタメーカーのエス.ラボが製造したフェイスシールド。他にも多くのメーカーが製品供給を開始している。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、製造・物流の現場が打撃を受けている。とりわけ深刻なのが、医療用の防護資材だ。医療用マスクやフェイスシールド、使い捨てガウンの不足から、院内感染が深刻化する国も出た。

そこで注目を集めたのが、必要とされる現場の近くで製品を製造できる3Dプリンタ。本体の低価格化と高性能化で、ホビーから業務用までさまざまな工作で使われるようになっている。これを活用し、フェイスシールドなどをつくる取り組みが拡がった...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

「適切な場所で適量をつくり、適切な人に届ける」 製造業の新スタンダード(この記事です)
地域ブランドの理想は、尖っていること
自身の子育て経験から生まれた商品とコミュニティ事業
ジャンクな和食のヴィーガン料理で日本の食文化をアピールする
アウトドアで気軽に楽しめる漆器ブランド「NODATE」
拍手で世界中の人とコミュニケーションするロボット「ビッグクラッピー」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る